★カワサキ Ninja H2 SXの北米価格はSXで$19,000、SEバージョンで$22,000

北米市場でNinja H2 SXの価格が発表されましたが、SXで$19,000、SEバージョンで$22,000となっており、H2と比較するとだいぶお買い得と言えそうな価格となっています。

Sponsored Link

カワサキに最新のスーパーチャージドモーターサイクル、そして最も手に入りやすい価格のスーパーチャージドモーターサイクルである、2018年型のカワサキ Ninja H2 SXは、北米市場で$19,000で販売される。さらに装備が充実したSEバージョンは$22,000となり、これでもH2と比べるとだいぶ安いと言える。


Ninja H2 SXは、200馬力のスーパーチャージャー搭載の4気筒 998ccエンジンを搭載したフルフェアリングのスポーツツアラーだ。ベースモデルはメタリックカーボングレイ、SEバージョンは伝統的なグリーンのカラーリングだ。

IMU(慣性計測ユニット)を利用したトラクションコントロール、コーナリングABS、クルーズコントロールが装備され、SEバージョンにはTFTフルカラーディスプレイ、コーナリングライト、ローンチコントロール、クイックシフター、ヒートクリップ、ステンメッシュブレーキライン、DCアウトレット、センタースタンドが付いてくる。

カワサキがこの2モデルの価格差を適切に付けたかどうかは定かではないが、H2、H2Rを考えると、このH2 SXは2モデルともにお買い得と言えるだろう。カワサキが主導している過給器付きのモデルによる争いの中でNinja H2 SXは良い選択であると言えるし、これがもし、スポーツツアラーということで考えれば、最良の選択だろう。


マイナス点としては、SXモデルで約256kg、SEバージョンでは260kgという重量があるということだ。H2というプラットフォーム自体軽量なバイクではないが、Ninja H2 SXはタンデムライダーと荷物を搭載することを考えたフレームになっている。また、パニアバッグに関してはオプションアイテムであり、スタンダードでは付属しない。




この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★Indian Motorcycleから電動バイクが将来的に登場する見通し
★スズキ GSX-Sシリーズの新型モデル「GSX-S750 ABS」を発売
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★BMWモトラッドUSA 2018年モデルのR nineT Urban G/Sの価格を発表
★ホンダ モトクロス競技専用車CRF450R/CRF150R/CRF150RII、エンデューロ競技専用車CRF450RXの2018年モデルを発売
★ヤマハ トップエンドモデル「YZ450F」は新スペックエンジン、新設計フレームで大幅に進化 モトクロス競技用YZシリーズ6機種の2018年モデルを発売
★Ducati 7月7日にラグナ・セカでパニガーレRのファイナルエディションを発表?
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『カワサキ・ZRX1200 DAEG』が3連覇!
★ヤマハ 二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した台数限定のロードスポーツモデル 「YZF-R3/R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売
★ホンダ 新型モデルと思われる「Neo Sports Café」のティザー映像を公開
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてSuper Cub 110  1億台記念車を出展
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCROSS CUB 110を出展
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCRF250 RALLYを出展
★BMW EICMAで発表予定のモデルに関するティーザービデオを公表
★Ducati Ducatiワールド・プレミアにおいてMultistrada(ムルティストラーダ) 1260を発表
★BMW EICMAでBMW C400Xを発表
★BMW EICMAでF750GSとF850GSを発表
★ヤマハ発動機 人気のロードスポーツモデルのカラー&グラフィックを変更 2018年モデル「YZF-R3 ABS」「YZF-R25/ABS」を発売