★MotoGP2018 ゆっくりと着実に進歩を続けるTeam SUZUKI ECSTAR

昨年の冬はリンス選手は怪我のためにテストに参加出来ず、2017年型のバイクの方向性の選択は、Ducatiから移籍したばかりのイアンノーネ選手に託されました。こうした状況の中で2017年シーズンはエンジン選択においてミスがありスズキは苦戦。今年の冬はその反省を活かし、ゆっくりと着実に前進している様子のスズキ。2018年こそは良いシーズンを期待しましょう。

Sponsored Link

年内のMotoGPのレース活動を終えるにあたり、スズキは2018年に向けて注意深く方向性を決める作業を続けている。ヘレスで成功裏に終わった3日間のテストの後、スズキの面々には安堵の思いが広がっている。アレックス・リンスの負傷、アンドレア・イアンノーネは輝きを放たず、スズキのシーズン前半は惨憺たるものだった。スズキはこの状況を挽回するため、9月にアラゴンでテストを行った。その後の結果は上向き、両ライダーともに日本、バレンシアでトップ6を獲得。また、イアンノーネはオーストラリアGPではトップ集団で走行した。

ウイルス性胃腸炎で両ライダーがテストに参加出来なかったバレンシア初日はあれど、オフシーズンも今のところポジティブに進んでいる。リンスとテストライダーのシルヴァン・ギュントールは先週ヘレスでテストを行い、異なるエンジン、シャーシのコンビネーションをテストし、2018年の方向を探った。危機的状況から、再びスズキは良い状況に向かいつつあるようで、リンスのクルーチーフのJose Manuel Cazeauxは次のように語る。

Jose Manuel Cazeaux

「このまま、良い形で作業を続けていけると思います。2018年型に向けて選ぶべき部品がいくつかある状態です。一度に1つのことだけをするように注意しています。ライダー達もバイクの事を良く理解していますからね。彼らは2018年型のベースについて既に検討を初めており、これをもとに、セパンでテストするパーツを決定していきます。」

昨年の同時期は、スズキはコンセッションを失ったためにテストの期間が限られていた。アンドレア・イアンノーネはヘレスで僅か1日テストしたに過ぎず、テストライダーの津田拓也がその後のテストを引き継いだ形だ。それもあってDucatiから移籍したばかりのイアンノーネが、スズキの2017年型エンジンを選択。Cazeauxの言葉によると、これがライダー達にとっては年間を通じて大きなハンディキャップとなった。

スズキは明らかに同じ失敗を繰り返したいとは思っていない。各ライダー達は異なるエンジンとシャーシの組わせをそれぞれテストしており、スズキファクトリーは3日間のテストで収集されたデータを元に2018年型のバイクを形づくろうとしている。先週木曜日に、イアンノーネはスズキの緻密な物事の進め方について述べていたが、イアンノーネのタイムはラップレコードタイムのドヴィツィオーゾのタイムから0.4秒遅れというもので、リンスは新しいシャーシでのペースについて「最高」と語っている。


「今年のパーツ類の選択に関しては、昨年の冬よりも確たるものだと思いますね。昨年は1名のライダーがルーキーで怪我をしており、もう1名のライダーはかなり異なるバイクから乗り換えたばかりでした。今年の冬に関しては本当に楽しみですね。2016年の終わりはマーベリックのバイクをベースにスタートしたとすると、2017年の開発はエンジン選択もあって、いくつかのエリアを改善しようとした内容があります。しかしシーズン中にあるエリアでは改悪になっていることがわかり、多くのトラックで苦戦する結果となりました。ただ、こうした苦労もあって改善できた部分もあるので、ポジティブだったと言えるでしょう。」

「来年はバレンシアからテストしているエンジンのベースもあり、バイクは良くなっていますし、正しい方向に進んでいる感触があります。2017年のエンジンは良くなかったですね。実際、以前のものより悪くなっていました。サーキットの性格とグリップレベルによって、問題となることもあれば、問題が出ないこともありました。今年はエンジンという弱みがあったにせよ、終わりは良い形でした。アレックスに関しては、最悪のルーキーイヤーのスタートとなりました。バレンシアで負傷、さらにオースティンでも酷い怪我をしました。バルセロナテストで戻ってきて以来、進歩のスピードは遅いながら、コンスタントに彼は向上しています。」

「今や彼は良いレベルでバイクをライディング出来ており、彼自身もライディングの仕方を組み立てる必要性を理解しています。彼もMotoGPは才能だけではやっていけないと理解しており、彼自身のやり方を組み立てているんです。バイクに何が起きているかを感じとり、それをチームに伝えることに関してもそうです。今はこのまま進んでいけると感じていますから非常に嬉しいですね。リンスには素晴らしい才能があると思いますし、こういう形で進んでいけば、来シーズンは彼にとって良いシーズンになるでしょう。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「コーナー前半部分では最高」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★FCR Original カタナカスタム
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「足の痛みがなければ。。」
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
MotoGP2017ドイツGP イアンノーネ「金曜序盤のラップのグリップがどうなるか」
★MotoGP2017チェコGP イアンノーネ「後半戦は前半戦よりも良い結果を残す必要がある」
★MotoGP2017オーストリアGP イアンノーネ「ブルノの不幸は早く忘れたい」
★MotoGP2017 ロリス・カピロッシ GSX-RRを語る
★MotoGP2017日本GP イアンノーネ「スズキの皆の努力に見合うレースがしたい」
★MotoGP2017オーストラリアGP イアンノーネ「日本の結果は希望を与えてくれた」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ロレンソ「旋回性が上がるならスピードを犠牲にしてもいい」
★MotoGP2018ヘレステスト アレックス・マルケス「現時点では楽しむことに集中している」
★MotoGP2018ヘレステスト2日目 クラッチロー「非常に重要なテストでペースにも満足」
★MotoGP2018ヘレステスト最終日 確かな手応えを掴んだスズキ
★MotoGP2018ヘレステスト ティト・ラバト「このバイクは信じられないほど良い」
★MotoGP2018  マルケス、ペドロサHonda Racing THANKS DAY 2017に参加
★MotoGP2018 中上 貴晶「プロライダーになるのは、4歳の頃からの夢だった」
★MotoGP2018 マーべリック・ビニャーレス「今年は恐らく最も苦しんだ1年だった」
★Moto Americaを制したトニ・エリアス 「マルケスはロッシと良く似ている」