★MotoGP2018 ロッシ「MotoGPを引退した後は、車のレースを10年やる。ル・マン24時間耐久にも出たい」

ロッシ選手はMotoGP引退後の過ごしかたについて、車のレースを10年ほどやるとしています。ル・マン24時間耐久レースへの参戦についても言及していますが、それよりも前に、まずは2018年シーズンをどう戦えるかどうかでしょうね。

Sponsored Link

モンツァラリーに参戦中のロッシは、モンツァラリーの初日にイタリアのラジオ局に、ザルコについて、ヤマハとの今後についてなど語った。イタリアのラジオ番組Deejay Chiamaにおいて、ロッシは今シーズン何度も激しいバトルを展開したヨハン・ザルコについて、F1ドライバーのマックス・フェルスタッペンに例えて語った。

バレンティーノ・ロッシ

「フェルスタッペンはザルコみたいですよね。どちらの選手もけしてブレーキしないんです(笑)彼らが横にいたら避けないといけないんですよ。そうでないと、自分も一緒にコースアウトしてしまいますから。正直に言うと引退は怖いですね。MotoGPを引退した後は、10年くらいは車でレースをするでしょう。例えばラリーだとか、サーキットにおいてのレースもそうですね。ル・マン24時間耐久レースには出てみたいと思っています。競争力がある限りは間違いなく出場したいレースですね。」

「2016年はタイトルを獲得出来たはずでした。でも今年はより難しくなっています。今後については自分の戦闘力とヤマハの戦闘力にかかっています。ヤマハはバイクの戦闘力を上げる必要があるでしょうね。マーベリックと自分はハードに作業をしましたから、今やボールはヤマハ側にあります。日本人エンジニア達は、フレーム、そしてエンジンを良い形で仕上げる必要があるでしょう。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「決勝では路面はかなり綺麗になるはず」
★MotoGP2017カタールGP3位 ロッシ「けして諦めなかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「カタールでは自分に落ち着けと話しかけていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「良いペースだということが最も重要」
★マン島TT2017 イアン・ハッチンソンが2度目の予選で最速タイムを記録
★MotoGP2017イタリアGP 4位ロッシ「表彰台を獲得出来ると思っていた。」
★モビスターヤマハ 今シーズン4日目となるプライベートテストをアラゴンで開催
★ヤマハ発動機の大ファン日本画家が描いた「MT-07」「MT-09」を企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」にて展示開始
★MotoGP2017ドイツGP ビニャーレス「今は前を向いて進みたい」
★MotoGP2017ビニャーレス「電子制御のセットアップに関して混乱がある」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「レースでは1列目が非常に重要になる」
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「最悪の予選。全くフィーリングが得られなかった」
★MotoGP2017ブルノテスト ビニャーレス「バイクから再び良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017オーストリアGP6位 ビニャーレス「チャンピオンシップ争いをするにはリアのグリップ低下が課題」
★ヤマハ バイクライフサポートアプリ『RevNote by つながるバイク』とバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』とのサービス連携を開始
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシの驚異的な走りにライバルから賞賛の言葉が集まる
★ヤマハ スリムで優美なスクーター「MIO S」 インドネシアで発売
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 初日の遅れを取り戻すべく作業を進めたスズキ
★MotoGP2018バレンシアテスト スミス「バイクのリアセクションに集中してテストを行った」
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている