★MotoGP2018 レディング「プロジェクトの一員となって開発を進めるのはMoto2以来」

来シーズンからアプリリアで参戦するスコット・レディング選手。ファクトリーライダーとしてバイクの開発をする、自分の意見がチームにとって重要になるということで、今まで感じていなかった充実感を感じているとのこと。ホンダ、Ducatiで良い結果を残せなかっただけに、アプリリアでは良いシーズンを過ごして欲しいですね。

Sponsored Link

スコット・レディング

「チームは自分にもアレイシにも集中してくれています。彼らが自分をさらに良い形で走らせてくれようとする気持ちは本当に凄いです。これは本当に長い間感じていなかったことです。プロジェクトの一員となって、開発を進めていくというのはMoto2の時から無かったです。何かの一員だという感触を感じることが出来ますし、自分が与えた情報をしっかりと彼らがしようしてくれているというのが、またモチベーションになります。」

「アレイシがここにいようといまいと関係はありません。もし彼がヘレステストに来ていれば、それは参考になったでしょう。もちろんトップライダー達との差を詰めることが目標ですが、アレイシとの差も詰めていきたいと思っているんです。」

「来年にまたどうなるかですが、彼と自分のスタイルは大きく異なります。ただ、共にお互いのスタイルに有効な何かを見つける必要があります。ユージーンがテストしてくれている内容が助けになりますよね。少なくとも、ヘレスでは自分を含めて2名で走ることが出来ましたから。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト アプリリア(Aprilia)写真ギャラリー
★MotoGP2017 サム・ローズ「開幕戦でポイント獲得が目標」
★モト・イタリアーナ東京西(カネバン)試乗展示会のお知らせ
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選5位アレイシ・エスパルガロ「素晴らしい日曜になることを期待
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「既に他のライダーと話を進めている」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「今週に手術を行ない、最終戦バレンシアに向けて準備したい」
★MotoGP2017バレンシアGP アプリリア今年もREDのスペシャルカラーリングで参戦
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 ロッシ「ヤマハが正しい方向に進んでいるのかはわからない」
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 スズキ両ライダーともに胃腸炎でテストに参加できず
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ザルコ「まだ2017年型の限界では走れていない」
★MotoGP2018ヘレステスト イアンノーネ「テストから最大の結果を得たい」
★MotoGP2018ヘレステスト2日目 ドヴィツィオーゾ「旋回性という昔からの問題は解決していない」
★MotoGP2018 マルケス「体を休める必要があるので、今年のSuperprestigioには出場しない」
★MotoGP2018 ヤマハ セパンにおいてプライベートテストを実施
★ドルナとミシュランは、いかに歴史上最も拮抗したチャンピオンシップを作り上げたのか?
★MotoGP2018 スミス「2018年シーズンの目標はトップ6を走れるバイクにすること」
★MotoGP2018 ロッシ「MotoGPを引退した後は、車のレースを10年やる。ル・マン24時間耐久にも出たい」
★MotoGP2018 アレイシ・エスパルガロ「冬休みが終わった後に最高の体調にしておきたい」
★MotoGP2018 マーべリック・ビニャーレス「今年は恐らく最も苦しんだ1年だった」