★MotoGP2018 アレックス・マルケス「今回のテストは2019年にMotoGP昇格のモチベーションになった」

怪我をしているトーマス・ルティ選手に変わって、MotoGPバイクのテストを行ったアレックス・マルケス選手。Moto2のテストから連続した日程で2日間のMotoGPテストをこなすというハードなスケジュールでしたが、2019年のMotoGPステップアップに向けて大きなモチベーションになったようです。

Sponsored Link

アレックス・マルケスにとって、ヘレスのプライベートで操縦したMotoGPバイクはちょっとした衝撃だったかもしれない。しかし、若きマルケスは「最高峰クラスにステップアップする前にMoto2で勝利するためのモチベーションになった」と語る。ジュニアクラスの元チャンピオンは、4日間Moto2のテストに参加し、Marc VDSのRC213Vでのテストに2日間参加した。

マルケスは怪我をしたトーマス・ルティに変わって走行、これはマイケル・バルトレミーからのプレゼントでもあった。しかしこれはマルケスにとっては、MotoGPクラスのルーキーであるフランコ・モルビデッリと中上 貴晶に対して、自分のスピードを証明するチャンスでもあった。マルケスは2017年にMoto2で3勝している。彼は木曜日に17番手、この日最速だったアンドレア・ドヴィツィオーゾから2.1秒遅れ、元チームメイトのフランコ・モルビデッリから1秒遅れのタイムだった。

アレックス・マルケス

「この経験は自分にとって、Moto2で優勝、タイトルを獲得して2019年にMotoGPにステップアップするというモチベーションになりました。ただ、これからは冬休み、そしてMoto2の最初のテストに集中する必要があります。最高の経験でしたが、この事は忘れて集中する必要があります。」

水曜日には彼は午後だけの走行であったが、2日目はMotoGPのパワーにもう少し慣れることが出来た。今回は、兄のマルク、父のジュリア、マネージャーのエミリオ・アルサモラがアレックスを見守った。こうしたサポートの中、アレックスは260馬力のマシンへのフィーリングをさらに向上させることが出来た。

「今日はよりシリアスなテストでした。バイクを楽しむ事が出来ました。これは重要なことなんです。昨日のウイリーに関する問題を解決出来ました。昨日はほとんどの時間をこれの対処に使ってしまったんです。バレンシアの後にすぐにここに来ましたから疲れましたね。Moto2とMotoGPのテストを、合わせて4日間連続でやりましたから。体にとっては辛いですから、今はまず休まないとですね。今回のチャンスを与えてくれたチームには感謝しています。」

「今日は前進出来ました。今日は新しいマッピングのクルーと作業をしました。彼らにとっても新しい作業なんです。ただ、今日は全てがより良い形で進みました。特に今日はストレートのラインを変えてみました。コーナーに関してはそこまで悪くなかったと思います。ただ、ストレートラインはMoto2のようにあまりにも直線的に走り過ぎていました。ストレートもコーナーのように考えるようにしたんです。これは主にウイリーを抑えるためですね。」

「マルクやダニを見ると、彼らは常にストレート上でウイリーを押さえて最大限のパワーをリアタイヤに与えるように気を使っています。ですから、今日は自分もそれを試してみたんです。今日の経験は素晴らしかったですし、チームの助けになれたと思います。これが一番重要なことです。今回のテストによって、マレーシアでのトムの作業が少しでも楽になるといいですね。」

ルティは、セパンで足首を負傷したことで2017年のテストに参加していない。彼は2018年1月末にセパンで行われるテストで復帰の予定だ。ただ、もしルティがセパンに間に合わない場合、Marc VDSはマルケスはMoto2のテストに専念する必要があるため、別のテストライダーが必要としている。

「これからは2018年のMoto2バイクのテストに集中する必要があります。残念ですが、今回のテストは頭の中から追い出して集中する必要があります。今回の機会を与えてくれたチームは深く感謝しています。本当に最高でした。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★イタリアのホンダインポーターが製作したアフリカツイン ラリー
★MotoGP2017 マルケス「昨年のプレーシーズンよりは少し良い状態」
★マルケスの2016年チャンピオンシップを追ったドキュメンタリー「From Cervera to Tokyo」が公開
★MotoGP2017 クラッチロー「イギリスGPを開催するならドニントン。シルバーストーンは退屈」
★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当
★MotoGP2017チェコGP 優勝マルケス「このチャンピオンシップは長い戦いになる」
★MotoGP2017イギリスGP マルケス「300km/hでリアタイヤがロックした」
★HRC 2017年CBR250R Dream Cup グランドチャンピオン大会参加枠のご案内
★MotoGP2017ダニ・ペドロサ 「他のチームで走ってみたいという興味はある」
★ホンダ 「Honda Racing THANKS DAY 2017」開催概要について
★ホンダ 「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR」の商品魅力を向上し、法規対応を施して発売
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選1位マルケス「ペースとリズムは良い。あとは天候次第」
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「最も重要なのはドヴィの前でレースを終えること」
★MotoGP2017オーストラリアGP 優勝マルケス「信じられないようなレースだった」
★ホンダ 全日本モトクロス選手権で「山本鯨」がチャンピオンを獲得
★MotoGP2017バレンシアGP 優勝ペドロサ「最終戦にスペインのファンの前で優勝出来たのは本当に嬉しい」
★MotoGP2018 ロレンソ「マルケスは、どのコーナーでさらにプッシュ出来るかを常に考えている」
★MotoGP2018 ダヴィデ・タルドッツィ「改善が必要な点は把握しているし、改善出来る自信もある」
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ モンツァラリーショーにおいて6度目の優勝を記録
★MotoGP2018 なぜヨハン・ザルコは2017年型シャーシを乗りこなせているのか?