★MotoGP2017 サム・ローズ「開幕戦でポイント獲得が目標」

アプリリアから参戦するルーキーのサム・ローズ選手は、目標は開幕戦でポイントを獲得。中盤にトップ10争いをすることと語ります。アレイシ選手にもそのうち近づけるだろうと話していますが、果たしてそうトントン拍子に事が進むでしょうか。。

(Photo courtesy of michelin)

サム・ローズはカタールテストで非常にポジティブな方向性を見つけたと語り、後半に加えたセットアップが全体的なフィーリングを大きく向上させたという。今年4人のルーキーの1人であるローズは、カタールテストを19位、トップから1.8秒遅れで終えた。しかし彼のミディアムタイヤでのコンスタントさは素晴らしいもので、また今回のカタールテストは彼にとっては初めての2017年型のRS-GPのテストでもあった。彼はテスト全体の成果を大いに喜んでいる。

Sponsored Link

サム・ローズ

「今日は少し問題があって最終的には転倒してしまいました。今日はいろいろな作業をしていたので残念でした。今日はしっかりとパッケージを作ってバイクも快適でしたね。大きなステップアップが出来たんですが、フロントから転倒してしまいました。20mくらいは立て直せるかと思っていたんですが駄目でしたね。今日も実際には見た目よりも良いペースでしたね。レースウィークエンドは良い形でスタート出来ると思いますよ。今日見つけた方向性は実にポジティブなものです。ただ、今日は少し問題があって間違った方向に少し進んでいました。バイクを長くしようとしていたんです。(※恐らくホイールベールのこと)」

「このバイクではまだ作業をそれほどしていませんが、想像していたよりも(2016年型と)違いますね。これは良いことです。でも今がその時だったので色々と試す必要がありました。最終的に位はフロントエンドを少し自分好みにしました。ポジティブに感じていますし、自分達がどこに向かうべきかも理解しています。タイヤに関してはタイムアタックして様子を見る時間があれば良いんですけどね。ただ、55秒台で周回できてレースで56秒台で走れれば、それほど離されないと思いますよ。作業を続けてみて、自分達がどこにいるかを確認することが必要ですね。レースは完全に別物ですから。」

「今現在はベースセッティングが出ていて、レースウィークエンドにはファインチューンで済むでしょう。今週はかなり大きくセッティングを変えました。今年の目標は、開幕戦でトップから40秒差でゴール、バレンシアでは10秒差でゴールする事です。ポジションについてどうこういうのは難しいでしょう。スタート段階では何がどうなるかわかりませんからね。シーズン中盤には大変な時期もあると思いますが、最終戦でトップに近づくというのがゴールですね。もちろん開幕戦でポイントは獲得したいですけどね。」

「今現在は1周のラップタイムに関してはあまり自信がありません。いずれそういう自信も着くでしょうが、レースでは必要ないものです。ポイントを獲得してスタート出来れば、中盤にはトップ10を争い、開幕から2戦から3戦でアレイシに近づく事が出来るでしょう。実際平均ラップタイムはそれほど悪くないんです。ポイントを獲得してトップ10争いをして優勝する、なんてことは難しいでしょうが、目標は作業を続けて良い仕事をするバイクを作るということです。バイクのポテンシャルは上がっていますから、自分達の準備が出来ればトップ5かトップ6は争えるでしょう。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 なぜDucatiのフェアリングは、ルール上恐らく問題ないと言えるのか?
★MotoGP2017 4/16時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「小排気量カテゴリーにも注目して欲しい」
★MotoGP2017ヘレスGP ペトルッチ「妙な1日だったが良い仕事が出来た。」
★MotoGP2017ヘレスGP Q2結果
★MotoGP2017ヘレステスト アレイシ・エスパルガロ「問題はタイヤだった」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント モビスターヤマハ
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「アッセンで新しいシャーシをどう感じるか楽しみ」
★MotoGP2017ドイツGP ペドロサ「カレンダーの中でもお気に入りのトラック」
★MotoGP2017ドイツGP FP1結果
★MotoGP2017ドイツGP FP3結果
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「オーストリアには出来る限り良いパッケージで挑みたい」
★MotoGP2017 ブルノテスト結果
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「新型フェアリングを使用すると0.5秒は速く走れる」
★MotoGP2017オーストリアGP16位 リンス「思っていたようにタイヤをキープ出来なかった」
★MotoGP2017イギリスGP FP1結果
★MotoGP2017イギリスGP FP2結果
★MotoGP2017イギリスGP クラッチロー「今日の結果はあくまで今日だけのもの」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「野左根の後ろを走ってみたが、彼は速い」
★MotoGP2017日本GP 8位ザルコ「レースで接触するのは普通のこと」