★ミシュランが2019年からのFIM Moto-e世界選手権のタイヤサプライヤーに決定

2019年からFIM Moto-e世界選手権が開催されることになりましたが、このクラスにタイヤを供給するのはミシュランという事になりました。なお、このMoto-e世界選手権は、今までミシュランのレーシングテクニカルディレクターであったニコラ・グベールがエクゼクティブディレクターに就任しています。

Sponsored Link

Energicaが2019年に開催されるFIM Moto-e世界選手権の唯一の参戦メーカーとなるが、同様にミシュランがこのクラスで唯一タイヤを供給することになる。

ミシュラン パスカル・クアノン

「ミシュランが存在する限り、ミシュランが関わったプロジェクトは前進するでしょうし、安全で、より環境に配慮した形で進めていきます。このクラスが進歩するのは、全てのステークホルダーが関わる必要があります。技術的なものだけが先行するのではなくビジョンと共に進める必要があります。モーターサイクルにとって、始めて完全に電動の選手権となります。Moto-e世界選手権はFIMそしてドルナスポーツによって作られるということで、確かなものとなるでしょう。ミシュランにとっては技術革新のために貴重な実験室となり、こらが将来のロードタイヤの開発に繋がります。この新しい選手権の創設期に、技術パートナーとして参加出来る事を嬉しく思います。」

ミシュランは2016年からMotoGPの唯一のタイヤサプライヤである。なお、ダンロップは引き続きMoto2とMoto3クラスにタイヤを供給する。元ミシュランのレーシングテクニカルディレクターのニコラ・グベールは、2018年からMoto-e世界選手権のエクゼクティブディレクターを勤める。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2018ヘレステスト ラバト「再びバイクで走ることを楽しめるようになった」
★MotoGP2018ヘレステスト2日目 クラッチロー「非常に重要なテストでペースにも満足」
★MotoGP2018  マルケス、ペドロサHonda Racing THANKS DAY 2017に参加
★MotoGP2018 中上 貴晶「プロライダーになるのは、4歳の頃からの夢だった」
★2018年のMotoGPの見どころ(その3) ロッシ選手は2019年以降も現役を続けるのか?
★2018年のMotoGPの見どころ(その5) ドヴィツィオーゾは2018年もタイトル争いが出来るか?
★MotoGP2018 ホルへ・ロレンソ 2018年シーズンのスタジオ写真
★MotoGP2018 モビスターヤマハMotoGPチーム マドリッドにてプレゼンテーションを開催
★MotoGP2018 ジジ・ダッリーニャ「新型フェアリングをブリーラムでテストする」
★MotoGP2018 ミカ・カリオ「旋回性は向上したが、別の部分で足りない部分がある」
★MotoGP2018 マルク・マルケス 2020年までホンダとの契約を更新
★Alma Pramac Racing ランボルギーニ社においてチームプレゼンテーションを開催
★MotoGP2018カタールGP マルケス「ライバルとの差は少ない。あらゆる状況を最大限に活用したい」
★MotoGP2018カタールGP リンス「ポテンシャルがあることはわかった」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「アルゼンチンでも良い結果を得るのが今の目標」
★MotoGP2018 ダヴィデ・タルドッツィ「ブレンボからブレーキトラブルの詳細に関して詳しい話は聞いていない」
★MotoGP2018アルゼンチンGP ロッシ「マルケスがこのスポーツを破壊している」
★MotoGP2018ミシュランタイヤ アルゼンチンGP決勝レースリリース
★MotoGP2018アメリカGP 予選5位ロッシ「1列目のポテンシャルがあると思っていた」
★MotoGP2018アメリカGP 4位ロッシ「表彰台争い出来ると思っていたがフロントが限界だった」