★Superprestigio2017 ヨハン・ザルコはスーパファイナルに出場できず

今年はMotoGPクラスからマルク・マルケス選手がSuperprestigioに参戦しないことで、MotoGPクラスの選手としてザルコ選手に期待がかかっていましたが、残念ながらザルコ選手はスーパーファイナル前の転倒によって、出走が出来なかったとのこと。

Sponsored Link

今年Superprestigioにはマルク・マルケスの姿がなかったため、その注目はヨハン・ザルコに集まっていた。これは彼にとってはデビューイヤーではなく、実は4年前にも彼はSuperprestigioに出場していた。

ザルコは今回素晴らしいレースを展開する考えだったが、その思いを遂げることは出来なかった。彼はスーパファイナルの前に転倒し、その影響で最後のバトルで戦うことは叶わなかった。

スーパファイナルは16周で行われ、JD・ビーチが初出場にも関わらず優勝。彼は序盤の3周にトニ・エリアスを先行させ、その後エリアスを抜いてレースを征した。

ビーチの後ろにはもう1人のアメリカ人ライダーのブライアン・バウマンが+0.965秒で入り、その後ろにフェラン・カルダス+1.687秒、トニ・エリアスが続いた。エリアスは昨年はマルケスに続いて2位を獲得しており、今回はいくつかのミスがあった事で4位となった。エリアスはトップから+3.328秒という形だった。

ファイナルにはイタリア人ライダーのFabio Di GiannantonioもZaetaで出走し、トップから+10.154秒だった。チームグレシーニのライダーである彼はトップグループにオープニングラップでついて行こうとしたが、最終的には5位で完走となった。彼の後ろにはアリーナス、カノが続き、ガードナーはリタイアとなった。

SUPERPRESTIGIO 2017 最終結果

1 JD Beach Yamaha
2 Briar Bauman Kawasaki
3 Ferran Cardús Suzuki
4 Toni Elias Suzuki
5 Fabio di Giannantonio Zaeta
6 Albert Arenas KTM
7 Guillermo Cano Suzuki
8 Remy Gardner Yamaha

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★懐かしいあの名車の音が高音質のハイレゾで楽しめる!バイクの音を楽しむ「名車図鑑」を公開!
★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活
★「E-KIZUNA Project 協定」に基づくヤマハ発動機・さいたま市の連携について
★スーパーバイク世界選手権2017 ラグナセカ戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★ハーレーダビッドソン 2017年第2四半期US市場の販売台数は昨年比9.3%減少
★さいたま市・本田技研工業・ヤマハ発動機による原付一種クラス電動二輪車(EVバイク)の実証実験開始について
★エンジン音と排気音を高音質のハイレゾ※で楽しめる!懐かしの名車2台の動画を公開!!~「HONDA VF1000R」「YAMAHA VMAX」~
★KTMによる通常のABSとコーナリングABSの解説ビデオ
★今年で13回目のアウトドアイベント「フィールアース2017」、9/9~10に開催! 「with ジープ フェスティバル」も同時開催
★ヤマハ 「親子バイク教室」がキッズデザイン賞の「審査委員長特別賞」受賞
★ヤマハ発動機 2年連続国際的デザイン賞「German Design Award」“Winner”受賞
★ヤマハ発動機 超精密ペーパークラフト「YA-1」の予告ページを更新。1955年に「第一回浅間高原レース」が行われた場所で撮影を敢行。
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 ロッシ「ヤマハが正しい方向に進んでいるのかはわからない」
★ヤマハ株式会社 ヤマハ発動機の株式を800万株売却
★2018年のホンダモーター・ヨーロッパのレース体制にジョン・マクギネスの名前なし
★MotoGP2018 ダヴィデ・タルドッツィ「ロレンソはDucatiに合わせてライディングを変えた。今度はDucatiが変わる必要がある」
★MotoGP2018 ヨハン・ザルコ「ファクトリーの2人よりも前でゴールすることが目標」
★MotoGP2018 フランコ・モルビデッリの実家に強盗が侵入。トロフィーなどを盗む
★MotoGP2018 カルメロ・エスペレーター「当然、バレンティーノのことは贔屓にしている」
★MotoGP2018 パオロ・チャバッティ「ドヴィツィオーゾとロレンソなら問題が大きくなる前に話し合って解決出来る」