★Superprestigio2017 ヨハン・ザルコはスーパファイナルに出場できず

今年はMotoGPクラスからマルク・マルケス選手がSuperprestigioに参戦しないことで、MotoGPクラスの選手としてザルコ選手に期待がかかっていましたが、残念ながらザルコ選手はスーパーファイナル前の転倒によって、出走が出来なかったとのこと。

Sponsored Link

今年Superprestigioにはマルク・マルケスの姿がなかったため、その注目はヨハン・ザルコに集まっていた。これは彼にとってはデビューイヤーではなく、実は4年前にも彼はSuperprestigioに出場していた。

ザルコは今回素晴らしいレースを展開する考えだったが、その思いを遂げることは出来なかった。彼はスーパファイナルの前に転倒し、その影響で最後のバトルで戦うことは叶わなかった。

スーパファイナルは16周で行われ、JD・ビーチが初出場にも関わらず優勝。彼は序盤の3周にトニ・エリアスを先行させ、その後エリアスを抜いてレースを征した。

ビーチの後ろにはもう1人のアメリカ人ライダーのブライアン・バウマンが+0.965秒で入り、その後ろにフェラン・カルダス+1.687秒、トニ・エリアスが続いた。エリアスは昨年はマルケスに続いて2位を獲得しており、今回はいくつかのミスがあった事で4位となった。エリアスはトップから+3.328秒という形だった。

ファイナルにはイタリア人ライダーのFabio Di GiannantonioもZaetaで出走し、トップから+10.154秒だった。チームグレシーニのライダーである彼はトップグループにオープニングラップでついて行こうとしたが、最終的には5位で完走となった。彼の後ろにはアリーナス、カノが続き、ガードナーはリタイアとなった。

SUPERPRESTIGIO 2017 最終結果

1 JD Beach Yamaha
2 Briar Bauman Kawasaki
3 Ferran Cardús Suzuki
4 Toni Elias Suzuki
5 Fabio di Giannantonio Zaeta
6 Albert Arenas KTM
7 Guillermo Cano Suzuki
8 Remy Gardner Yamaha

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link