★Superprestigio2017 ヨハン・ザルコはスーパファイナルに出場できず

今年はMotoGPクラスからマルク・マルケス選手がSuperprestigioに参戦しないことで、MotoGPクラスの選手としてザルコ選手に期待がかかっていましたが、残念ながらザルコ選手はスーパーファイナル前の転倒によって、出走が出来なかったとのこと。

Sponsored Link

今年Superprestigioにはマルク・マルケスの姿がなかったため、その注目はヨハン・ザルコに集まっていた。これは彼にとってはデビューイヤーではなく、実は4年前にも彼はSuperprestigioに出場していた。

ザルコは今回素晴らしいレースを展開する考えだったが、その思いを遂げることは出来なかった。彼はスーパファイナルの前に転倒し、その影響で最後のバトルで戦うことは叶わなかった。

スーパファイナルは16周で行われ、JD・ビーチが初出場にも関わらず優勝。彼は序盤の3周にトニ・エリアスを先行させ、その後エリアスを抜いてレースを征した。

ビーチの後ろにはもう1人のアメリカ人ライダーのブライアン・バウマンが+0.965秒で入り、その後ろにフェラン・カルダス+1.687秒、トニ・エリアスが続いた。エリアスは昨年はマルケスに続いて2位を獲得しており、今回はいくつかのミスがあった事で4位となった。エリアスはトップから+3.328秒という形だった。

ファイナルにはイタリア人ライダーのFabio Di GiannantonioもZaetaで出走し、トップから+10.154秒だった。チームグレシーニのライダーである彼はトップグループにオープニングラップでついて行こうとしたが、最終的には5位で完走となった。彼の後ろにはアリーナス、カノが続き、ガードナーはリタイアとなった。

SUPERPRESTIGIO 2017 最終結果

1 JD Beach Yamaha
2 Briar Bauman Kawasaki
3 Ferran Cardús Suzuki
4 Toni Elias Suzuki
5 Fabio di Giannantonio Zaeta
6 Albert Arenas KTM
7 Guillermo Cano Suzuki
8 Remy Gardner Yamaha

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★アンドレア・イアンノーネ タイのバンコクモーターショーを訪問
★プレストコーポレーション XT1200ZE フルパニアセット購入支援キャンペーン
★さいたま市・本田技研工業・ヤマハ発動機による原付一種クラス電動二輪車(EVバイク)の実証実験開始について
★ワールドスーパーバイク バルセロナのテロ犠牲者に黙祷を捧げる
★「IDEMITSU Honda Team Asia」中上選手Moto2クラス イギリスグランプリにて今季初優勝!
★BMWモトラッド 日本初: BMWグループが二輪車にETCを全車標準装備
★MotoGP2018ヘレステスト ラバト「再びバイクで走ることを楽しめるようになった」
★MotoGP2018ヘレステスト2日目 ドヴィツィオーゾ「旋回性という昔からの問題は解決していない」
★ドルナとミシュランは、いかに歴史上最も拮抗したチャンピオンシップを作り上げたのか?
★ヨハン・ザルコ 12/16に行われるSuperprestigio2017に参戦
★MotoGP2018 フランコ・モルビデッリ「バレの引退後にその穴を1人で埋めるのは不可能」
★2018年のMotoGPの見どころ(その6) 各メーカーのエアロダイナミクスフェアリングの方向性は?
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ 2018年シーズンのスタジオ写真
★MotoGP2018 タイテスト初日 2位リンス「今日はライディングを楽しんだということに尽きる」
★MotoGP2018 タイテスト初日 11位ビニャーレス「現状は正しい方向性が見つかっていない」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 2位ザルコ「これがレースならマルクが優勝、自分は表彰台」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 6位ミラー「この3日間のテストには本当に満足」
★MotoGP2018 ダニロ・ペトルッチ「2019年にDucatiファクトリー加入の可能性がないわけではない」
★MotoGP2018アルゼンチンGP アブラハム「予選では再び良い位置を狙いたい」
★MotoGP2018アメリカGP 10位アレイシ・エスパルガロ「ヨーロッパラウンドに自信を持って挑める」