★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 レプソルホンダ

最終戦バレンシアGPのレースウィークにはマニュファクチャラーズプレスカンファレンスが行われ、各メーカーの代表者が様々な質問について答えていました。その中からまずはレプソルホンダのリヴィオ・スッポのインタビューを抜粋してご紹介します。なお、インタビューはレースウィークの中で行われたため、最終戦のレース前の内容となります。

Sponsored Link

スティーブン・デイ

「まずはリヴィオ、今年のマルケスは例年どおり素晴らしい走りですね。今シーズンの総評はこの日曜がどうなるかによってくると思いますが、今シーズン全体に関してはいかがでしょうか?」

リヴィオ・スッポ

「マルク、それともホンダについてですか?ホンダですね。シーズンが実際に終わる前にシーズンの総評について話すのは少し妙ですよね。ただ今までのところは本当にこの結果を嬉しく思っています。マルクがシーズン6勝、ダニが1勝ですからね。カルも表彰台を1度だけですが獲得しており、これは昨年以上の結果となります。それにマニュファクチャラーズタイトルも既に獲得しています。確かに殆どのポイントはマルクが獲得したものですが、ダニにしても、ドヴィに続いて今シーズン8回という表彰台を獲得しています。ですから、シーズン前半は厳しい状態だったとは言え、良い仕事をしたと思いますし、バイクも悪くはなかったと言えるでしょう。」

 

Q

「日曜にスズキが表彰台を獲得しなければコンセッション(優遇処置)が戻ってくるわけで、エンジンの開発の自由、テスト回数も増えるわけです。これに関してはフェアだと思っているのか、これが良い決定だと思いますか?」

リヴィオ・スッポ

「これは過去に苦戦しているメーカーを助けるルールであるということが過去に証明されています。私が思うに、過去数年ドルナが行ってきた技術レギュレーション変更はポジティブな内容だと言えます。現状は全てのメーカーがチャンピオンシップ争いにおいて接近しています。これはショーとして素晴らしいことで、何度も最終ラップまで争われる素晴らしいレースがありました。そしてこれは皆にとっても非常に重要なことなんです。ですから、今年スズキが苦戦をして、来年に向けてスピードアップ出来るであれば、それは良いことでしょう。今年KTMが成し遂げたことは素晴らしかったと思いますし、現行のルールがなければこれは不可能だったでしょう。それにこうして全てのメーカーが近いレベルでレースをしているということは、皆にとって素晴らしいことだと思います。」

 

Q

「来年に備えてヨーロッパベースのテストチームを持つのではと噂されていますが、これに関して何かしら確定化に近いということはありますか?」

リヴィオ・スッポ

「検討はしていますが、何も確定はしていません。」

 

Q

「2018年と2019年のテストルールに関してですが、まずは新しいレギュレーションに関しては満足していますか?また、カレンダーはあと2年で年間20戦になる可能性があります。多くのライダーが年間20戦は多すぎと感じているようです。そしてもし20戦となるのであれば、7基以上のエンジンが必要ですか?」

リヴィオ・スッポ

「テストのルールに関しては問題ありません。それにあらゆるコストをかけてどこでもテストを行うわけにもいきません。そして日本から3つ、ヨーロッパから3つのメーカーが参戦しているわけで、ヨーロッパのレースが多いことを考えてもテストとのバランスを考える必要があります。ですから、20戦に関しては多過ぎるというのはライダー達に賛成です。それに20戦もあるとなるとテストもそもそも出来ませんから、テストの制限に関しては当然でしょう。エンジンに関しては何とも言えませんね。私が何かしら技術的なことに関して話すと何かしら間違っていることがあるので、あまり話したくないんです(笑)」

 

Q

「ドヴィツィオーゾに興味を持っているというのは事実ですか?」

リヴィオ・スッポ

「正直ホンダがドヴィツィオーゾに興味を示しているというのは良くわかりません。確かに昨年はダニがもしかしたらホンダを去るかもしれないという可能性があったわけです。ですからドヴィツィオーゾと話をした。これは秘密でもなんでもありません。ホンダはドヴィツィオーゾの事が好きですし、彼のことは良くわかっています。彼が良いライダーであることはわかっていますし。彼がここまで活躍するとは誰も思っていませんでしたが、彼の活躍には嬉しく思っています。今年をまずは終える必要がありますし、来年はどのライダーも契約がある状態です。ですから話題にする必要がないでしょう。」

 

Q

「2019年には電動バイクのチャンピオンシップの噂がありますが、いつの日か、MotoGPも電動バイクになる時が来ると思いますか?であればいつ?」

リヴィオ・スッポ

「個人的にはそうでないことを願います。電動バイククラスがあることは構いませんが、全てが電動というのはちょっと嫌ですね。私は53歳ですから、しっかりとしたエンジンの音が恋しくなるでしょう。ただ、これはあくまでも個人の意見で、メーカーの意見ではありません。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ モーターサイクルショーでCBR250RR レースベース車両を発表
★MotoGP2017カタールGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017 ミシュランMotoGPタイヤに関する10の事実
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「より2016年に近いアプローチで走る必要がある」
★MotoGP2017ヘレスGP ペトルッチ「妙な1日だったが良い仕事が出来た。」
★ジョン・マクギネス ノースウェスト200の予選で転倒。マン島TT欠場の恐れ
★MotoGP2017フランスGP ドヴィツィオーゾ「明日はドライになることを希望」
★MotoGP2017ドイツ 予選1位マルケス「明日はドライレースを希望」
★MotoGP2017ドイツGP 4位ビニャーレス「ミシュランが今後も同じタイヤを持ち込んでくれることを希望」
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「GSX-RRは20位で終わるようなバイクではない」
★MotoGP2017チェコGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★スコット・レディング 2018年よりサム・ロウズの後任としてアプリリアから参戦
★MotoGP2017イギリスGP ロッシ「チャンピオンシップ争いをしている未来を想像出来ない」
★MotoGP2017イギリスGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 KTM アラゴン戦の結果によっては2018年にスミスとカリオの交代もあり
★MotoGP2017マレーシアGP ファン・デル・マルクがフォルガーの代役として参戦
★MotoGP2017マレーシアGP FP3結果
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ モンツァラリーショーにおいて6度目の優勝を記録
★2018年のMotoGPの見どころ(その2) 2018年のタイトル獲得最有力候補マルク・マルケス
★MotoGP2018 パオロ・チャバッティ「ドヴィツィオーゾはトップ待遇を期待しているが、予算は無限ではない」