★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 アプリリア

最終戦バレンシアGPのレース前に行われたマニュクチャーズプレスカンファレンスの中からアプリリアのロマーノ・アルベシアーノのコメントをご紹介します。2017年シーズンはサム・ロウズを契約期間中に関わらずクビにするという選択が大きな話題となりました。このプレスカンファレンスの中でも、KTMのピット・ベイラーは「契約年の途中でライダーを放り投げるなんていうのはフェアではない」とアプリリアとは明言せずともはっきりと批判の言葉を口にしていました。

Sponsored Link

スティーブン・デイ

「ありがとうございます。それでは次にアプリリアのロマーノ・アルベシアーノ。スズキと同様にライダーが新しくなり、アップダウンがありました。今年はバイクの開発に関して満足していますか?

ロマーノ・アルベシアーノ

「今年はバイクのパフォーマンスと開発という意味では間違いなくポジティブだったと言えるでしょう。正直ここまでのバイクに仕上がるとは予想していませんでした。正直な話をするとガレージの片方は力強い走りが出来、もう片方はそうではありませんでした。アレイシからは素晴らしいパフォーマンスが見られましたが、残念ながらサムはそうではありませんでした。ただ、バイクの開発という意味では満足しています。これでトップメーカーのバイクと互角に戦う事が出来るバイクに仕上がったと思います。また、今年は自分達がレース後半に非常に強いのだと言うことがわかり、逆にレース序盤に苦戦するということもわかりました。ですから、技術的な意味では非常に準備が出来ていると思いますし、来年はもっとライダーがコンスタントに走る必要がありますし、チームとしてもミスを減らすことが必要です。獲得ポイントという意味では落胆していますが、別の面では喜ぶべきでしょうね。来シーズンに関しては非常に嬉しくポジティブに感じています。」

 

Q

「KTM、スズキ、アプリリアに関しては2019年以降にサテライトチームを持つ可能性はあるのでしょうか?」

ロマーノ・アルベシアーノ

「アプリリアにとってはサテライトチームをサポートすることに関してはオープンですね。ただあくまでも優先事項ではありません。優先事項はあくまでも技術的な開発を進めることです。サテライトチームを持つのにはポジティブな点、ネガティブな点があります。ポジティブな点は体制が小さい組織で済むということです。ダヴィデが言うように、多くのライダーがいればそれだけ結果を得ることが出来るでしょう。ただ同時にパーツの供給など含めてさらに複雑になるのも事実です。ですから、現時点の自分達の優先事項は、あくまでも技術的な開発だということなんです。」

 

Q

「今シーズン開始はかなり重いバイクでしたが、徐々にレギュレーションに向けて軽くなっていきました。通常は逆ですよね?何が起きたんでしょう。」

ロマーノ・アルベシアーノ

「色々なアイディアがあったということですね。どのアイディアも時には馬力が上げるが、重量が増すなどの症状が出ていました。今年はスピードは昨年よりあるが、かなり限界でもあるんです。来年はバイクの構成は変えずに何かを加えていきたいですね。」

 

Q

「2019年には電動バイクのチャンピオンシップの噂がありますが、いつの日か、MotoGPも電動バイクになる時が来ると思いますか?であればいつ?」

ロマーノ・アルベシアーノ

「アプリリアはピアジオグループですから、最近も電動ベスパを紹介したばかりです。ただ、電動バイクが普通のエンジンのパフォーマンスに近づけるとは思いません。F1のようにハイブリッドが現実的かなと思いますが、コストが凄いことになるでしょう。もちろん面白いと思いますが。将来は電動になるわけですから。ただ完全に電動のバイクというのは、今の技術だと難しいんじゃないでしょうか。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link