★MotoGP2018 Aspar チーム名称を「アンヘル・ニエト・チーム」に変更

2018年からAsparは、アンヘル・ニエト・チームと名称を変更します。これはチーム代表にアンヘルの息子であるゲレテ・ニエトが就任します。アスパーとニエトファミリーの交流の深さを考えると自然な流れと言えるでしょう。スペインの伝説と言えるニエトの名前をチーム名とするわけですから、ライダーラインナップも将来的に強化して欲しいと思うファンも多いのではないでしょうか。

Sponsored Link

Asperはアンヘル・ニエト・チームという名称にチーム名を変更する。これは12+1勝を達成した世界チャンピオンへのトリビュートだ。(※ニエトは13という数字が不吉であるため、13勝と言われるのを嫌がった)ホルヘ・マルチネス・アスパーはニエトの元ライバルであり、アンヘルの息子であるゲレテが、2018年にチームマネージャーに就任する。Asparのレース活動はスペイン選手権から広がり、Moto3世界選手権へと拡大。そして、MotoGP世界選手権に参戦している。

ホルヘ・マルチネス

「アンヘル・ニエトという人物はモーターサイクルレーシングと同義です。モーターサイクルレーシングは彼に多くを与え、彼もまたそこから多くを得ました。スペインのモーターサイクルレーシングにおいて、最初の礎を築いたのが彼であり、我々は彼の功績を讃えてチーム名称を、アンヘル・ニエト・チームに変更します。

「彼と一緒にいることで本当に多くを学ぶことが出来ました。自分も含めて、彼は多くのレーサーを助けてくれたんです。彼は自分の人生において非常に重要な人物であり、それは彼の息子のゲレテとパブロ(※現Sky Racing VR46のチームマネージャー)、彼の甥のフォンシにしても同様です。アンヘルは彼のプロジェクトに非常に興奮しており、彼は自分を信頼してゲレテが彼のレースキャリアをスタートする際に自分に預けてくれました。アンヘルは”君と一緒ならゲレテは多くを学ぶだろう”と言ってくれました。彼の思い出に敬意を払い、彼のプロジェクトを私のチームで最初に走ったライダーの1人である彼の長男と共に継ぐこと、これは私にとって非常に誇らしいことです。」

ゲレテ・ニエトは1993年から1997年までAsparから参戦。ヨーロッパ選手権での勝利をバルセロナで、スペイン選手権での勝利をヘレスで獲得。また世界戦には28戦参戦している。

ゲレテ・ニエト

「私は最初にホルヘ・マルチネス・アスパーと共にレースを始めました。彼のお陰でヨーロッパ選手権、スペイン選手権の優勝を獲得することが出来たんです。彼は常に自分達の家族にとって重要な存在でした。そして今、彼の傍らで、自分は父の名を冠したチームで自分のプロ生活の新たな旅立ちを迎えます。2016年は父にとっては50回目の世界選手権の年でした。父はもう少しこの世界に留まっていたかったでしょう。モーターサイクルは彼の行き方そのもので、彼の名を冠したチームで、我々は彼の熱い情熱を常に感じることが出来ると考えています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ホルへ・ロレンソ「ヤマハはロッシのほうを優遇していた。」
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★MotoGP2017ヘレスGP 5位ドヴィツィオーゾ「ロレンソはヤマハ機のようにDucatiを操っていた」
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★MotoGP2017オランダGP予選5位 レディング「ドライでレースをするのは、かなり厳しい」
★MotoGP2017オーストリアGP ロレンソ「ブルノと同様の感覚を得ることが重要」
★スコット・レディング 2018年よりサム・ロウズの後任としてアプリリアから参戦
★MotoGP2017 Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ「ドヴィの事を讃えたい」
★MotoGP2017サンマリノGP ペトルッチ「Ducatiはタイヤを上手く使えている」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「もてぎでは素晴らしい結果を獲得出来る可能性がある」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「今回は雨のレースになればと願っている」
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝2位ロレンソ「フロントが滑ってしまった。2位は悪くない結果」
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 スズキ両ライダーともに胃腸炎でテストに参加できず
★MotoGP2018バレンシアテスト イアンノーネ「コーナーエントリーの改善が必要」
★MotoGP2018ヘレステスト ティト・ラバト「このバイクは信じられないほど良い」
★MotoGP2018 ビニャーレス「キャラミ・インターナショナル・トラックでの走行は最高だった」
★MotoGP2018 ジジ・ダッリーニャ「来シーズンに向けて旋回性を改善していきたい」
★MotoGP2018 全クラスにおいてレザースーツのエアバッグ装備が義務化
★MotoGP2018 ドヴィツィオーゾ「契約交渉も大事だが、今はテストに集中することが重要」
★MotoGP2018 エルヴェ・ポンシャラル「既に契約があるライダーを起用することはしない」