★MotoGP2018 ヤマハの復活、成功が絶対条件のロレンソなど、来シーズンの行方は?

今から来シーズンの開幕が待ち遠しいですが、Carlo Pernat氏による来シーズンの見どころに関する記事をご紹介します。ヤマハのタイトル争いへの復活、成功が絶対条件のロレンソ選手、引き続きタイトル争いが期待されるマルケス選手、ドヴィツィオーゾ選手。また、ここに来年は優遇処置を受けるスズキがどう絡んでくるか、また期待のルーキーであるフランコ・モルビデッリ選手、そして日本の中上 貴晶選手など、今から楽しみが尽きません。

Sponsored Link

1年の終わりが近づき、1年の振り返りをすると同時に、来シーズンはどうなるだろうかという思いを持つだろう。来年がどうなるかについては水晶を使って占う必要があるが、そういった事も現実的ではないのでCarlo Pernatに来シーズンについて聞いてみよう。

「2018年にヤマハがどうなるかは、2017年よりも面白いだろうね。ヤマハが2018年に第一線のレベルに戻ってくるのは確実だ。なぜそう言えるか?今年ヤマハはタイトル争いからあまりにも速い段階で脱落した。そしてこれは今までの歴史で初めてのことだ。ヤマハは常にライバルが手本とする存在で、ヤマハのエンジニア達は、ロッシとビニャーレスが戦えるバイクを作り上げるだろう。こういった理由もあって来年は面白くなるだろうし、他のメーカーがそのリードを維持するためにどうするかという点も興味深い。」

Carlo Pernat

「ホンダ、ヤマハ、Ducati以外の全てのメーカーではスズキが最も高いポテンシャルを持っているだろうね。彼らにはイアンノーネがいるし、優遇処置を受ける事も出来る。KTMはまだトップ争いには加わる事は出来ないだろう。アプリリアはどちらかというと2019年を見据えているようだし。ただ、彼らはもう少し金をかけるべきだ。」

「今年ランキング1位を獲得したライダーというのは、常に翌年もタイトル獲得の有力候補だ。マルケスは将来的にバレンティーノのタイトル獲得数を抜くだろう。彼はまだ若いし、まだまだ彼の将来は長い。彼は誰もが負かす必要がある選手として君臨するだろう。彼はとてつもないライダーであるし、自信も持っている。彼が来年もチャンピオン候補であるのは間違いない。」

「ドヴィツィオーゾは大きく成長した。彼のレベルが落ちる事はないだろう。彼hがチャンピオンシップ争いに間違いなく絡んで来るだろう。それにDucatiもさらに良くなっていくだろう。ジジは継続的にバイクを良くしているし、ドヴィツィオーゾもタイトル獲得の候補としてシーズンをスタートするだろうが、これは昨年とは状況が違う。これが心理的にも実質的にも大きな違いとなるだろう。自信を一度得たら、それはなくなるものではないんだよ。」

「ロレンソはいくつもの理由で優勝をする必要がある。彼は5度世界タイトルを獲得している非常に才能あるライダーで、高給取りだからだ。Ducatiは今や良いバイクになり、彼にとって来年は2年目となるわけだしね。つまり彼には4つも優勝をする理由があるわけだ。もし彼が良いシーズンを送れなければ、これはDucatiではなくて彼の責任になるだろう。もはやDucatiはストーナーだけが成功したバイクではない。その当時はストーナーだけがDucatiの乗り方を理解していた。ロレンソはシーズン終わりに向けて良い走りをしていたと思う。しかし、彼はタイトル争いをするものと考えられていたわけだ。もし彼が成功しなければ、全く無駄なシーズンだったということになる。いずれにしても2019年に彼が同じ契約金額で契約出来るとは思わないね。」

「ザルコは皆に彼が才能あるライダーだということを示した。彼はアグレッシブで、素晴らしいライディングで、MotoGPクラスのトップライダー達とバトルを演じた。彼はこうした面で大きく躍進したのかもしれないし、既に彼はこうしたレベルのライダーだったのかもしれない。誰も彼がここまで成功するとは思っていなかった。ライダーの成功はどのようなバイクに乗るかによっている。マシンの性能差はF1ほどではないが、良いバイクがなければ、どのチームで走ろうが関係はない。重要なのはどのようなバイクがザルコに与えられるかだ。彼が良いバイクを得ることが出来れば、彼はトップ争いに参加出来るだろう。ただ、そうは言っても彼はサテライトチームで走っているライダーであって、普通はサテライトライダーがファクトリーライダーに勝つなんてことはまずあり得ない。彼がタイトル争いに加わるとは思えないが、私の予想が間違う可能性もある。」

「モルビデッリがトップ7でシーズンを終えるとは思わないね。もしそれが出来れば、彼はエースライダーということになる。トップ10が彼のゴールだろうし、それだけでも価値がある。ホンダは若きライダーに頼る必要があるというのは明らかだ。彼らはミラーを手放してモルビデッリを入れた。であるからして、彼のサポート体制は万全だろう。今年彼は自分の才能を見せつけた。ただ、Moto2はザルコ、リンス、フォルガーが抜けて有力選手がいなかったのは間違いない。シーズン後半でのルティとのタイトル争いでは、モルビデッリは彼の才能を見せつけたと言えるだろう。これは彼の考え方によるところが大きいだろう。彼がどのようなスタートをするかに注目だね。」

「来年に関して注目の2人はイアンノーネ、そしてミラーだ。ミラーはMotoGPでしっかりとした教育を受けた。良いチームで走ることになるし、彼は良いバイクを与えられた。さらにDucatiからのしっかりとしたサポートもあるしね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link