★ヤマハ発動機 ハイエンドモデルとのリレーションを強調したニューカラー&グラフィックを採用 ロードスポーツ「MT-03」「MT-25」2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒320cm3エンジンを搭載する「MT-03」および、水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「MT-25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2018年モデルとして2018年3月5日より発売します。

Sponsored Link

「MT-03」「MT-25」は、“MTシリーズ”のエントリーモデルとして開発し、シリーズ共通のシャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りで人気のモデルです。2018年モデルはそれぞれ3色設定で、“MTシリーズ”ハイエンドモデルとのリレーションをより強調したグラフィックとしました。ブラックを基調にヤマハスポーツスピリットを表現するブルーを配色し、スポーティイメージを強調した「ディープパープリッシュブルーメタリックC」、ホイールやグラフィックにイエローのアクセントカラーを加え、軽快感を表現した「マットグレーメタリック3」、マットとグロスのコンビネーションに加え、夜間に光を反射する新グラフィックを施し、シンプルながらも質感を感じる「マットブラック2」の3色です。製造は当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。



 

名称 カラー 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「MT-03」

・ディープパープリッシュブルーメタリックC
(ニューカラー/ブルー)
・マットグレーメタリック3
(ニューカラー/マットグレー)
・マットブラック2
(ニューカラー/マットブラック)

2018年3月5日 567,000円
(本体価格525,000円/消費税42,000円)
700台
(年間、国内)
「MT-25」 534,600円
(本体価格495,000円/消費税39,600円)
1,800台
(年間、国内

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

「MT-03」「MT-25」主要仕様諸元 ※< >内は「MT-25」

認定型式/原動機打刻型式 2BL-RH13J/H405E <2BK-RG43J/G402E>
全長×全幅×全高 2,090mm×745mm×1,035mm
シート高 780mm
軸間距離 1,380mm
最低地上高 160mm
車両重量 166kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
60km/h定地燃費値*2
41.3km/L (60km/h) 2名乗車時
<37.7km/L (60km/h) 2名乗車時>
WMTCモード値(クラス)*3 27.6km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
<27.2km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時>
原動機種類 水冷,4ストローク,DOHC,4バルブ
気筒数配列 直列2気筒
総排気量 320cm3 <249cm3>
内径×行程 68.0mm×44.1mm <60.0mm×44.1mm>
圧縮比 11.2:1 <11.6:1>
最高出力 31kW(42PS)/10,750r/min <26kW(35PS)/12,000r/min>
最大トルク 29N・m(3.0kgf・m)/9,000r/min <23N・m(2.3kgf・m)/10,000r/min>
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 2.40L
燃料タンク容量 14L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,7.0Ah(10HR)/GTZ8V
1次減速比/2次減速比 3.043(70/23)/3.071(43/14)
クラッチ形式 湿式,多板
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速 2.500/2速 1.823/3速 1.347/4速 1.086/5速 0.920/6速 0.800
<1速 2.666/2速 1.882/3速 1.454/4速 1.200/5速 1.037/6速 0.920>
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 25°00´/95mm
タイヤサイズ(前/後) 110/70-17M/C(54H)/140/70-17M/C(66H) (前後チューブレス)
<110/70-17M/C(54S)/140/70-17M/C(66S) (前後チューブレス)>
制動装置形式(前/後)  油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,60/55W×1

「MT-03」「MT-25」フィーチャーマップ ※画像は「MT-03」


<ヤマハ発動機株式会社 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ヤマハ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017カタールGP ヨハン・ザルコ「こうした転倒もレッスンの一部」
★BMW 世界初の両輪駆動エンデューロモデルR1200GS xDriveハイブリッド を発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP 優勝ビニャーレス「最大のポイントを持って帰れるように走った」
★ル・マン24時間耐久 8時間の時点でヤマハ2チームがレースをリード
★MotoGP2017 ロッシが今年10度目のタイトルを獲得出来ると言える理由
★MotoGP2017ヘレスGP 予選7位ロッシ「ホンダのパフォーマンスが高いのが気がかり」
★MotoGP2017ロッシ 検査結果次第では今日中に退院
★モビスターヤマハ 今シーズン4日目となるプライベートテストをアラゴンで開催
★MotoGP2017カタルーニャGP 予選13位ロッシ「5周だけ速く走るか、ずっと遅いペースで走るか」
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンにライディングスタイルは合っている」
★MotoGP2017 テック3の2018年以降のタイトルスポンサーもモンスターとなる見通し
★BMW S1000RR 2018年モデルとして今年のミラノショーで登場か?
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「後半戦に向けて集中が必要。もうミスは出来ない」
★MotoGP2017ヤマハ シルバーストーンで2018年型プロトタイプシャーシを使用していた
★MotoGP2017ロッシ 「現実的にはもてぎでレースに復帰する形だが、アラゴン出場を目指している」
★スズキ、新型125ccスクーター「アドレス125」を発売
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「今週末は優勝しないといけない」
★MotoGP2017日本GP 野左根「レースには出場したいと思っている」
★MotoGP2018 エルヴェ・ポンシャラル「既に契約があるライダーを起用することはしない」