★KTM 2018年のダカールラリーにおいて17度目となる優勝を狙う

来年1月6日〜20日にかけて開催されるダカールラリー2018において、KTMは2輪部門で17度目となる優勝を狙います。今回は新型車両の投入もあり、素晴らしい結果が期待出来ると言えます。

Sponsored Link

素晴らしいレース、トレーニングなどに続いて、Red Bull KTM チームのサム・サンダーランド、トビー・プリンス、マティアス・ウォーカー、アントワン・メオは、KTMのダカールラリーの2輪部門で17回連続となる優勝を狙います。

2年間に渡る開発とレースにおける勝利の中で、新型のKTM450Rallyも2018年のダカールラリーに向けた準備は万端です。なお、この車両はミラノで開催されたEICMAで最近発表されたものです。

バイクはRed Bullのカラーリングに身を包み、昨年と比較して多くの改善を遂げました。新型エンジンと新しいマネジメントシステムはより正確なスロットルレスポンスを実現。新型のシャーシとスイングアームはシャープなハンドリングを実現し、新たにデザインされた燃料タンク、ボディワークによって、バイクはよりスリムな外観となり、操作性がアップしています。

新型のKTM450 Rallyにはナンバー1が燦然と輝き、サム・サンダーランドは今回のダカールにディフェンディングチャンピオンとして復帰します。イギリス人の彼は、2017年のクロスカントリーラリー世界選手権において最終ラウンドまで進出。しかし、2日目の怪我によってリタイアを余儀なくされました。今回のレースにあたっては、彼は完全な体調で、南アメリカでのレースで自信を深めた状態でレースに挑むこととなります。

<KTM プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Red Bull KTM写真ギャラリー
★MotoGP2017 KTMマイク・レイトナー「今は前進あるのみ」
★KTM、Husqvarna(ハスクバーナ)のデザインを行うKISKAがインターン募集中!
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ブラッドリー・スミス「ポイント獲得にはまだ0.5秒足りない」
★MotoGP2017 KTMヘレスGPまでは大きなアップデートはなし
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★MotoGP2017アメリカGP ポル・エスパルガロのリタイア原因はクラッチトラブル
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「エンジンに狂ったように蹴飛ばされることはなくなった」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★MotoGP2017 KTM 今年もミカ・カリオがワイルドカード参戦
★MotoGP2018ヘレステスト ポル・エスパルガロ「1年でここまで来れるとは思っていなかった」
★MotoGP2018 スミス「2018年シーズンの目標はトップ6を走れるバイクにすること」
★ダカールラリー2018 ステージ1でKTMのサム・サンダーランドがステージ優勝
★ダカールラリー2018 ステージ5優勝はホンダのホアン・バレダ
★ダカールラリー2018 ステージ7優勝はホンダのホアン・バレダ
★ダカールラリー2018 ステージ10優勝はKTMのマティアス・ウォークナー
★MotoGP2018 ピット・ベイラー「カリオがいる限り、レギュラーライダー達は安心して眠れないだろう」
★ダカールラリー2018 ステージ10、11のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 マティアス・ウォークナーが優勝 KTMに17年連続となる2輪部門優勝をもたらす
★MotoGP2018 Red Bull KTM 2018年のチーム体制を発表