★MotoGP2018 ダヴィデ・ブリビオ「2018年型のGSX-RRは、2017年の最終戦バレンシア仕様がベース」

Team SUZUKI ECSTARの2017年は、ファンにとってもチームにとっても期待を大きく下回るシーズンでした。2017年の失敗を繰り返さないためにも、スズキは両ライダーが揃ってテスト、フィードバック、開発のサイクルを回していくことが求められます。

Sponsored Link

スズキのチームボスであるダヴィデ・ブリビオは、厳しい昨シーズンの後で、2018年にチームをしっかりと上位で戦える状態にするという野望は、プレシーズンテストの中で技術的にどのような方向性を選択するかに100%かかっているとする。

2017年は様々な理由で低迷していたスズキだが、アレックス・リンス、アンドレア・イアンノーネの両ライダーは、シーズン終盤にようやく結果が上向いてきていた。そしてバレンシアではリンスが自己ベストとなる4位、イアンノーネが6位をそれぞれ獲得している。

11月にブリビオは、Crash.netに対して2017年の問題は2017年のエンジン選択にあったと語った。これは前年のトラクション不足を解消するためのものだったが、新たに旋回性とハンドリングに問題を抱えるエンジンになっていた。

2017年シーズンについて、ブリビオは怪我によってシーズン中盤までリンスがチーム復帰出来なかったことが、日本から持ち込まれたアップデートへライダーからのフィードバックを返せないというチームの進化の停滞にも繋がったとした。

ダヴィデ・ブリビオ

「2017年は本当に難しいシーズンでした。周囲から見てしっかりとしたレースが出来たのは、後半の4戦、5戦くらいでしょう。しかし全体的には期待していたようなシーズンではありませんでした。バレンシアテスト2日目にはアレックスに不運にも怪我をし、アンドレアにバイクに開発の全責任が伸し掛かりました。リンスはセパンテストに帰ってきましたが、100%の状態ではありませんでした。さらにその後足首を骨折し、左手首の骨折もあって、これがシーズン中盤に彼を苦しめました。」

「チームではアンドレア・イアンノーネのみの状態で、一時的にアレックスの代役として走ったシルバン・ギュントーリの助けもありましたが、チームとして協力してバイクを開発していくことが出来なかったんです。こうしたこともあって、ヨーロッパラウンドの戦績は我々の期待を遥かに下回るものでした。」

「スズキの日本のレース部門は本当にハードに仕事をしてくれ、どこに問題があるのか、部分的に解決策を見つけるなどしてくれました。そうした事もあって、シーズン後半に結果を改善することが出来たのです。」

リンスが復帰し、GSX-RRの開発が進むごとに、ブルノで11位、シルバーストーンで9位を獲得した。ブリビオはこうした結果について喜ぶと同時に、2018年はバレンシア戦の仕様をベースに進めていくとする。

「リンスが復帰したことで良い刺激となり、最後の5戦はトップ5で戦うことが出来たうえに、シーズン終盤をこうあるべきという形で終えることが出来ました。アレックスが4位、アンドレアが6位という結果となったバレンシア戦のバイクが、2018年のベースになるでしょう。」

「スズキに相応しい位置で2018年シーズンを戦うためにも、2018年に向けて最高のバイクを作りたいと思っています。また、2018年シーズンがスタートする前の9日間のテストを最高に充実したものにするために、この冬の間のバイクの開発には最新の注意を払っていきます。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム ル・マン24時間を終えて3ポイントのリード
★USヨシムラ GSX-S750用Alpha Tストリートシリーズ・ワークスフィニッシュステンレススリップオンマフラー
★MotoGP2017 ロリス・カピロッシ GSX-RRを語る
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 マルケス「2018年のプロトタイプエンジンは良い感触」
★MotoGP2018 ヘレステスト3日目結果 イアンノーネが再びトップタイム
★MotoGP2018 カルメロ・エスペレーター「年間22戦が理想。公道レースの可能性もあり得る」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ペドロサ「新型エンジン、フェアリングなど色々なテストが出来た」
★SICレーシングにズルファミ・カイルディンが加入 シャーリーンのテック3移籍にゴーサインか?
★MotoGP2018 スズキ セントゥール・インターナショナル・サーキットで行われたイベントの動画を公開
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ「タイでM1を改善していきたい」
★MotoGP2018 タイテスト2日目 3位ミラー「ここまで自信を持って走れるのはMoto3以来初めて」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 12位ビニャーレス「全てのエリアで問題がある。ヤマハ移籍当初のバイクに乗りたい」
★ジョナサン・レイ 「MotoGPに参戦するのは自分の夢だった」
★MotoGP2018アルゼンチンGP FP3結果
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選4位ラバト「本当に素晴らしい仕事が出来た」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 予選11位ロッシ「ドライならばよいペースで走行出来る」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 2位ヨハン・ザルコ「優勝はいつか必ず出来る」
★MotoGP2018アルゼンチンGP 5位ビニャーレス「今日は多くの事を理解出来た1戦だった」
★MotoGP2018アメリカGP リンス「レースタイヤではさらに良い走行が出来る」