★ダカールラリー2018 ステージ3 KTMのサンダーランドが再びステージ優勝

今までの中で最も長いSS区間であったダカールラリー2018のステージ3は、リエゾン208km、SS区間296kmで争われました。ステージ2で総合首位に立ったのはKTMのサム・サンダーランド。ステージ2が終わった段階では総合7位でしたが、ステージ3では徐々に追い上げて3時間20分のファステストタイムを記録して首位となりました。

Sponsored Link

サム・サンダーランド

「今日はタフでした。コースから外れたライディングが多く、いくつかの砂丘は本当に方角を失わせるものでした。こうしたこともあって、今日は本当にフィジカルなレースでした。こうした中でも再びステージ優勝が出来て嬉しく思います。ただ、まだダカールは長いですからね。今日はバイクが凄く良い調子で、ソフトな砂の中でも素晴らしいドライブがありました。ステージ中盤でいくつかミスをしてしまったんですが、タイムをそこまで失わなかったのはラッキーでしたね。」


<KTM>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★MotoGP2017アメリカGP ポル・エスパルガロのリタイア原因はクラッチトラブル
★MotoGP2017 スミス「KTMの新型カウルはM1のウイングレットよりも効果を感じる」
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「カタルーニャには再舗装するよう最後通牒を送るべき」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★MotoGP2017 少しづつ、着実に前進を続けるKTM
★MotoGP2017 KTM アラゴン戦の結果によっては2018年にスミスとカリオの交代もあり
★MotoGP2017 KTM 2018年のチーム体制を発表
★MotoGP2018ヘレステスト ポル・エスパルガロ「1年でここまで来れるとは思っていなかった」
★ダカールラリー2018 ステージ1と3で優勝したサンダーランドがステージ4でリタイア
★ダカールラリー2018 ステージ4のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ6優勝はKTMのアントワン・メオ
★ダカールラリー2018 ステージ7、8のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ10優勝はKTMのマティアス・ウォークナー
★ダカールラリー2018 ステージ11優勝はKTMのトビー・プライス
★ダカールラリー2018 ステージ12がキャンセル 総合首位はKTMのマティアス・ウォークナー
★ダカールラリー2018 ステージ13優勝はKTMのトビー・プライス
★MotoGP2018 スズキ、アプリリア、KTMのサテライトチームはいつ生まれるのか?