★ブレンボ マスターシリンダーの大規模リコールについて文章を発表

昨年末に明らかになったブレンボのマスターシリンダーの大規模リコールですが、ようやくブレンボからアメリカ市場に関するリコール内容に関する文章が発表されました。とは言え、基本的にはメーカーからのリコール対策の連絡を待って下さい。という素っ気ないものとなっています。

Sponsored Link

1週間ほど前に、ブレンボの特定のマスターシリンダーを装備するモーターサイクルに関するリコールをお届けした。その後アプリリア、Ducatiからリコール発表があったが、(アメリカ市場では対象台数は1万台を超える)その他のブランドからのリコールも発表が予定されていた。

アメリカ市場においては、通常はリコールはバイクメーカーからの発表によるもので、基本的にはパーツサプライヤーが発表するものではないからだ。しかしNHTSA(米国運輸省道路交通安全局)の文書からは不明な内容がいくつか存在していた。そして今日、ブレンボはようやくアメリカ市場におけるリコールに対して発表を行った。恐らく他のマーケットに関しても同様の発表が行われるだろう。

しかしリコール原因などは文章内で明らかにされていない。そのため、我々がわかるのは、少なくともどのブランドがこのマスターシリンダーのリコールの対象になるのかということだ。

ブレンボからの発表

車両用のディスクブレーキ製造におけるリーダー企業のブレンボは、最近、国際的なメディアから発表された内容の誤りについて以下のように指摘します。

製造プロセスのしっかりとした品質モニタリングの成果により、2015年から2017年に発売され、いくつかのモーターサイクルに純正採用されたフロントラジアルマスターシリンダー(直径15mm、16mmのモデル)の不良の可能性が明らかになりました。

– 影響のあるブランドは下記の通り –
・Aprilia
・Ducati
・KTM
・MV Agusta
・TM Racing
・Moto Morini
・Horex

このリコールはこれ以外のメーカーやマスターシリンダーには関係のないもので、ブレンボの販売網を通じて販売されたアフターマーケットキットには影響しません。ブレンボは車両メーカーにこの情報を適切に伝えます。オーナー達は最寄りのディーラーからこのリコールに関して、リコール対策を行う旨の連絡がある可能性があります。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link