★ダカールラリー2018 ステージ1と3で優勝したサンダーランドがステージ4でリタイア

ステージ1とステージ3で優勝したサム・サンダーランドですが、ステージ4の転倒で背中を痛め、残念ながらリタイアとなりました。やはりダカールラリーは何が起こるかわかりません。

Sponsored Link

ステージ1とステージ3でステージ優勝を果たした後、サム・サンダーランドはステージ4の、全体の3分の2ので転倒。これによって彼は2017年のダカールラリーをリタイアすることとなった。

KTMラリーチームマネージャー Alex Doringer

「残念ながら、サムはステージの中間地点である230km地点で転倒しました。彼は深いくぼみの中にジャンプしてしまい、これによって背中を強打。その後数キロは走行出来ましたが、痛みが激しくなってきたことでリタイアを余儀なくされました。彼はビバークまでヘリで運ばれましたが、その後さらなるチェックのためにLimaの病院に搬送されました。病院に行く前にサムと話す事が出来ましたが、彼は残念がっていましたが気はしっかりとしていました。チーム全体で考えると良い結果だったと思います。今のところはラリー全体の進行に関しては満足です。」

<KTM>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★MotoGP2017 スミス「KTMの新型カウルはM1のウイングレットよりも効果を感じる」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「エンジンに狂ったように蹴飛ばされることはなくなった」
★KTM 世界初となるフューエルインジェクション・2ストロークオフロードモデルを公開
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★MotoGP2017 KTM 今年もミカ・カリオがワイルドカード参戦
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「カタルーニャには再舗装するよう最後通牒を送るべき」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★KTM ミゲル・オリベイラ「MotoGPマシンに乗るのは全てのライダーの夢」
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★MotoGP2017 KTM ミカ・カリオにさらなるワイルドカード出場のチャンスを与える
★MotoGP2017 KTM 2018年のチーム体制を発表
★MotoGP2018バレンシアテスト スミス「バイクのリアセクションに集中してテストを行った」
★ダカールラリー2018 ステージ6優勝はKTMのアントワン・メオ
★KTM 2017年は7年連続で販売台数増となる239,000台を販売
★ダカールラリー2018 ステージ11優勝はKTMのトビー・プライス
★ダカールラリー2018 マティアス・ウォークナーが優勝 KTMに17年連続となる2輪部門優勝をもたらす
★MotoGP2018 KTMピット・ベイラー「KTMは何度もリスクを冒して前進してきた。」
★MotoGP2018 ポル・エスパルガロ 腰椎ヘルニアの手術のためブリーラムテストを欠場 
★MotoGP2018 KTM「テック3が2019年からKTMのサテライトチームとなる」