★2019年のMoto-eワールドカップ開幕に向けて進むEnergicaの開発

2019年から開催となるMoto-eワールドカップに向けて、車両のテスト、開発などなどが進んでいますが、スズキのテストライダーであるシルヴァン・ギュントーリもテストを行っているとのこと。最高速は270km/hとのことですが、車重が現在は250kgを超えているので、バッテリーの軽量化などだけでなく、車体全体のダイエットが大きな課題と言えそうです。

Sponsored Link

現在のレースはノイズがあり、エンジンの唸りがあるものだ。ただ、好むと好まざるに関わらず、将来のレースは電動になる。4輪の世界ではフォーミュラーEが人気を呼んでおり、これに関わるメーカーの数も増えている。2輪はと言うと、ドルナとFIMがFIM Moto-eワールドカップを発表。2019年からチャンピオンシップが開催される。

この選手権に車両を供給するのはEnergica Motor Companyでは開発が続いている。この企業はCRPグループの企業で、アルメニアのトラックで、2014年にアプリリアでスーパーバイクのチャンピオンとなり、現在はスズキのMotoGPテストライダーの、フランス人ライダーであるシルヴァン・ギュントーリがテストを行った。

シルヴァンは2ストローク、4ストロークのばいくでレースした豊富な経験を持っており、Energicaをスペインで試乗した際に満足しており、「最高速は270km/hで、このバイクをライディングするのは、実に興味深い体験です。」と語っている。なお、彼がライディングしたバイクは実際の選手権と同様にミシュランタイヤを装着していた。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★HRC 合志技研工業株式会社と2018年度MotoGP™のスポンサー契約を締結
★MotoGP2018 ロレンソ「マルケスは、どのコーナーでさらにプッシュ出来るかを常に考えている」
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている
★MotoGP2018 ヤマハ セパンにおいてプライベートテストを実施
★MotoGP2018 エアロダイナミクスフェアリングのルールに変更はなし
★MotoGP2018スズキ エリアス、ダンロップ、ウォーターズにGSX-RRのテスト走行をプレゼント
★MotoGP2018 3クラスの全選手を対象に健康診断を実施
★MotoGP2018 テック3 エルヴェ・ポンシャラル「良いニュースをじきにお届け出来る」
★MotoGP2018 イアンノーネ、リンス タイの首都バンコクで熱烈な歓迎を受ける
★MotoGP2018 タイテスト初日 3位マルケス「今のところ作業内容には満足している」
★MotoGP 2019年暫定ライダーラインナップ表
★MotoGP2018カタールGP 予選4位クラッチロー「ペースは悪くないし自信もある」
★MotoGP2018カタールGP 予選5位ドヴィツィオーゾ「ペースは良いので5位スタートは悪くない。」
★MotoGP2018カタールGP 予選12位ビニャーレス「レースでは予選よりも良い走りが出来るはず」
★MotoGP2018カタールGP 6位ビニャーレス「ようやく求めていたセットアップが形になった」
★MotoGP2018 ブレンボ「ロレンソ機のブレーキの問題を究明。同様の問題の再発はない」
★MotoGP2018アルゼンチンGP クラッチロー「エンジンが強力になったことでコーナーでのリスクが減った」
★MotoGP2018 マルケスの走りはライバルへのリスペクトを欠いたものであった。
★MotoGP2018アメリカGP エルヴェ・ポンシャラル「アメリカのMotoGPファンを笑顔にする準備は万端」
★MotoGP2018アメリカGP ビニャーレス「全力で優勝争いをする必要がある」