★帰ってきたSkully 夏にも新モデルの「Fenix AR」のデリバリーを開始か?

ヘッドアップディスプレイを搭載したヘルメットということで大きな話題となり、クラウドファンディングサイトで多くの資金を集めた後に消えたSkullyが戻ってきました。このニュースは昨年の秋頃には報道されていましたが、どうやら旧モデルのAR-1を発売前に予約購入していた方に対しては、新モデルのFenix ARが発送されるとのこと。今度こそ、本当に製品化されることを願いましょう。

Sponsored Link

モーターサイクルの歴史の中には、素晴らしいアイディアが結局何にもならなかったという過去がいくつもある。Skully AR-1スマートヘルメットもこうした一例に加わるものと思われていた。

しかしこのヘルメットはSkully Fenix ARという名称で戻ってきた(不死鳥という事で灰から蘇ったことをかけているのかもしれない※原文ママ)わけで、以前のものよりも素晴らしいということを謳っている。

覚えていない方のために解説すると、Skully AR-1はヘッドアップディスプレイによってライダーから10フィート先にディスプレイが浮かんで見えるような作りをしていた。これに180°のリアビューカメラの映像、コーナーごとのGPSナビゲーションが投影され、さらにスマートフォンとのペアリング、ボイスコントロールなどの機能が設けられていた。

Skullyは140万ポンドをプレオーダーの段階で集め、クラウドファンディングサイトIndiegogo.comの新記録を打ち立てた。だが、2016年に活動を停止し、ヘルメットは購入者の元に届くことはなかった。

現在は新しい管理体制の元、Skully Technologiesという新しい企業名となり、このプロジェクトは戻ってきた。テックサイトのcnet.comの報道によると、$1,399をAR-1を購入するにあたり支払った注文者は、Fenix ARをこの夏にも受け取ることが出来るという。AR-1の予約段階で499ポンドだけ支払っていた場合はどうなるかについては不明確だ。

新しいヘルメットは以前のヘルメットが約束していた機能を兼ね備えているが、Skully Technologiesによると、「拡張された機能」を備えているとのこと。これによると”360°感知”といった機能、音楽ストリーミング、ハンズフリーでの通話機能などが予定されている。

彼らの残る課題は、本当にヘルメットを届けるということだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★Ducati 2016年に全世界で55,451台を販売/7年連続で売上増を達成
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★岡山キャンピングカーレンタルセンター(岡山CRC)が 「ランバイクレースイベント」でレンタル車両を展示!
★ヘルメットから後方視界を確認出来る後付デバイス「Zona」が登場
★TOP GEARでマット・ルブランクが1299スーパーレッジェーラをライディング
★フォルクスワーゲン Ducatiの売却を検討か?
★ヘイデンファミリーからのお願い「偽サイトで偽のニッキーグッズを買わないで」
★SAIGOサーキットライディングスクール/SAIGOライディングスクール 開催のお知らせ
★ヘイデン選手の地元オーエンズボロでヘイデン選手の葬儀が執り行われる。
★Laverda(ラベルダ)博物館のバイク全81台を手に入れるチャンス
★マックス・ビアッジ 選手達と練習中にスーパーモタードで転倒し骨折
★ブレーキディスクの温度が1,000度以上に達するF1、ブレーキの動作回数が4,000回を超えるル・マン
★WSBK王者カール・フォガティ DirtQuakeで転倒し肋骨などを骨折
★DAYTONA(デイトナ) NISSINラジアルクラッチマスターシリンダー(縦型φ19)〈スモークタンク〉
★電動バイクの新ブランド「XEAM」を立ち上げ!第一弾製品となる電動スクーター「notte」も発表。
★Triumph(トライアンフ) ロアーズ オリジナル・ポストカードプレゼント
★ロレンソが2007年にチャンピオンシップ優勝した アプリリア250GPレーサーがオークションに登場
★ホンダ ウエルカムプラザ青山 『第21回 カフェカブミーティング in 青山』
★ホンダ 安全運転教育用「Hondaライディングシミュレーター」をフルモデルチェンジして発売
★ヨハン・ザルコ 12/16に行われるSuperprestigio2017に参戦