★ダカールラリー2018 ステージ6優勝はKTMのアントワン・メオ

ダカールラリー2018において、ペルーを走る最後のステージとなったステージ6では、KTMのアントワン・メオ選手が優勝しました。なお、現在の総合首位となっているのは、ホンダのケビン・ベナバイズ選手です。

Sponsored Link

Red Bull KTM ファクトリーレーシングのアントワン・メオがダカールラリー2018のステージ6で優勝を飾った。ペルーにおける最後のステージでメオは素晴らしいパフォーマンスを発揮。このステージでトップとの差を30秒詰め、ボリビアに到着した。トビー・プライスはチームメイトを追って3位でゴール。マティアス・ウォークナーも素晴らしい走りで8番手でゴール。これはメオから僅か3分差となっている。

アントワン・メオ

「今日は良かったですね。今年始めての優勝が出来て凄く嬉しいです。このステージは非常に長く、本当に寒かったんです。今日はトビーとステージを通じて素晴らしいバトルがありました。最後の10kmはマディーで滑りやすいなコンディションだったので、そこで良いタイムを出せるという自信がありました。リスクを負ってプッシュすることで彼を引き離す事が出来ました。明日は休息日となります。そしてその後、後半戦を迎える形です。」

ダカールラリー2018 ステージ6順位

ダカールラリー2018 総合順位

<KTM>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 KTMマイク・レイトナー「今は前進あるのみ」
★MotoGP2017カタールGP ブラッドリー・スミス「多くのデータが得られた」
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★KTM オレンジキャラバン東京を開催
★MotoGP2017 スミス「KTMの新型カウルはM1のウイングレットよりも効果を感じる」
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★MotoGP2017 少しづつ、着実に前進を続けるKTM
★MotoGP2017アラゴンGP カリオ「明日しっかりと結果を残す事が重要」
★MotoGP2018 スミス「2018年シーズンの目標はトップ6を走れるバイクにすること」
★ダカールラリー2018 ステージ4のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ7優勝はホンダのホアン・バレダ
★ダカールラリー2018 ステージ10優勝はKTMのマティアス・ウォークナー
★ダカールラリー2018 ステージ11優勝はKTMのトビー・プライス
★ダカールラリー2018 マティアス・ウォークナーが優勝 KTMに17年連続となる2輪部門優勝をもたらす
★MotoGP2018 スズキ、アプリリア、KTMのサテライトチームはいつ生まれるのか?
★MotoGP2018 KTMピット・ベイラー「KTMは何度もリスクを冒して前進してきた。」
★KTM イギリス市場で690Dukeのリコールを発表
★MotoGP2018 ブラッドリー・スミス「まずは良い位置でスタートすることが必要」
★Moto2 ヘレステスト2日目 サム・ロウズ「カタールでは優勝争いが出来る」