★MotoGP2018 全クラスにおいてレザースーツのエアバッグ装備が義務化

2018年はFIM MotoGP世界選手権に参戦する全クラスのライダーがエアバッグシステムを搭載したレザースーツを装着することが必須となりました。これは全ての走行において装着が義務化されるもので、トラック上でしっかりと機能する状態であることが必要です。

Sponsored Link

ワイルドカードで参戦するライダーはこのルールから除外され、代役で参戦ライダーに関しても、最初の2つのイベントにおいてのみ除外対象となります。しかしこの最初の2つのイベントの後のイベントに関しては、これらの代役ライダーのレザースーツも、フル参戦するライダー達と同様のものとなります。

エアバッグに関しては少なくとも肩、鎖骨をカバーするものである必要があり、背面全面、背面中央部の保護は任意となります。しかしレザースーツメーカーが、背面保護を行うことを決めた場合、脊椎全体をカバーする構造である必要があります。各ライダーごとに小さな変更は可能ですが、全てのレザースーツメーカーにとって重要な保護部位は同様とされ、各メーカーが同じガイドラインに従うことになります。

各エアバッグシステムはレギュレーションに沿っていることを、一連のテストの中で証明する必要があり、要求内容はバッテリー、エレクトロニクス、エアバッグの展開、展開時間、誤作動の有無なども重要な要因となります。なお、誤作動に関してライダーの転倒につながったり、ライダーの操作を妨げるようなものであってはならず、エアバッグシステムはバイクへの追加パーツがあってもならず、バイクとライダーを何らかの方法で繋ぎ留めているものによって作動することもあってはならないとされています。

また、各レザースーツメーカーは正式な文章で、彼らのレザースーツが完全にレギュレーションに沿っていることを証明する必要がり、国際テストにおいてエアバッグシステムの信頼性を証明する必要があるとされています。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2018バレンシアテスト 1日目結果
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ロレンソ「旋回性が上がるならスピードを犠牲にしてもいい」
★MotoGP2018 レディング「今はバイクをもっと乗りやすくしていきたい」
★カタルーニャ・サーキット 2018年にMotoGPに向けてレイアウト変更、再舗装を実施へ
★MotoGP2018 ヘレステスト結果 イアンノーネがトップタイムを記録
★MotoGP2018 ロッシ「MotoGPを引退した後は、車のレースを10年やる。ル・マン24時間耐久にも出たい」
★MotoGP2018 ダニロ・ペトルッチ「2019年の目標はファクトリーチームで走ること。チャンスは手の中にある」
★MotoGP2018 なぜドヴィツィオーゾとDucatiは2017年にタイトルを獲得出来なかったのか?
★MotoGP2018 フランコ・モルビデッリ「バレの引退後にその穴を1人で埋めるのは不可能」
★MotoGP2017 モビスターヤマハからのグリーティングカード
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 アプリリア
★2018年のMotoGPの見どころ(その6) 各メーカーのエアロダイナミクスフェアリングの方向性は?
★2018年のMotoGPの見どころ(その7) 優遇処置が適用されるスズキは高い戦闘力を発揮出来るのか?
★MotoGP2018 ホルへ・ロレンソ 2018年シーズンのスタジオ写真
★MotoGP2018 ジョナス・フォルガー 2018年シーズンを完全に欠場
★MotoGP2018 エアロダイナミクスフェアリングのルールに変更はなし
★MotoGP2018 カルメロ・エスペレーター「当然、バレンティーノのことは贔屓にしている」
★MotoGP2018 カルメロ・エスペレーター「年間22戦が理想。公道レースの可能性もあり得る」
★MotoGP2018 アレックス・ロウズ「2018年はスーパーバイクに集中している。MotoGPの事は頭にない」
★MotoGP2018 スズキ、アプリリア、KTMのサテライトチームはいつ生まれるのか?