★プレストコーポレーション 「YZF-R1」「YZF-R1M」「YZF-R6」の2018年モデル取り扱い決定!!

「YZF-R1」「YZF-R1M」「YZF-R6」の2018年モデル取り扱い決定!!新型YZF-R1/R6はなにが変わる!?走行性能がさらに進化「YZF-R1」「YZF-R1M」


 
Sponsored Link

YZF-R1/R1Mともに、2018年モデルではクラッチ操作なしでもシフトダウン可能なクイック・シフト・システム(QSS)を新たに採用。

ダウンシフト対応に合わせてECUのマッピングも改良され、リフトコントロールの制御がより洗練されたものになりました。

YZF-R1Mは、ÖHLINS製電子制御サスペンションがアップデートされ、ブレーキ、コーナリング、加速とそれぞれの状況でのセットアップが可能となりました。

YZF-R1/R1Mともに、6月以降のデリバリー予定となります。

<プレストコーポレーション プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★新型BMW C evolution発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「良いペースだということが最も重要」
★MotoGP2017アメリカGP マーヴェリックの速さの秘密は何か?
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「小排気量カテゴリーにも注目して欲しい」
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★ヤマハ発動機 2017年12月期 第1四半期の連結業績の概要について
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「来シーズン初めに現役続行の判断をする」
★BMW S1000RR 2018年モデルとして今年のミラノショーで登場か?
★MotoGP2017チェコGP ザルコ「ジョナスのザクセンでの表彰台獲得がモチベーションを与えてくれた」
★MotoGP2017オーストリアGP5位 ザルコ「トップ5に戻ってこれたのが嬉しい」
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「フロントは最高だがリアに問題あり」
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてGOLDWING TOUR / GOLDWINGを出展
★MotoGP2017マレーシアGP 予選2位ザルコ「優勝争い出来るペースはあると思う」
★MotoGP2017 テック3 エルヴェ・ポンシャラル「ヤマハが戦闘力の高いパッケージ供給してくれると信じている」
★MotoGP2017バレンシアGP 2位ザルコ「立ち上がりとコーナリングスピードに苦戦した。バックフリップはまた来年」
★ヤマハ “BLUE CORE”エンジン搭載などさらに進化した フロント二輪オートマチックコミューター 「TRICITY125/ABS」 2018年モデルを発売
★カワサキからニューモデル「Ninja 400」「Ninja 400 KRT Edition」登場
★MotoGP2018 カルメロ・エスペレーター「当然、バレンティーノのことは贔屓にしている」
★MotoGP2018 カタールテスト3日目 1位ザルコ「マルク、ドヴィとタイトル争いがしたい」
★MotoGP2018カタールGP 6位ビニャーレス「ようやく求めていたセットアップが形になった」