★KTM 2017年は7年連続で販売台数増となる239,000台を販売

KTMの2017年の販売台数は2016年と比較して17%増となる239,000台となりました。これは7年連続での成長とのこと。KTMは、今後フューエルインジェクション化された2ストロークエンジンエンジンを搭載するモデルの発売などもあり、楽しみが膨らみます。

Sponsored Link

2017年に239,000台のモーターサイクルを販売し、KTMは欧州のモーターサイクルメーカーとして最大規模の企業のポジションを確保しました。販売台数は昨年と比較して17%増で、KTMは7年連続での成長を記録したことになります。ハスクバーナのストリートモデル、KTMの2気筒ツインモデル(790Duke)などが2018年も引き続き成長を牽引するでしょう。2017年の業績の詳細に関しては、2018年1月29日に発表されます。

<KTM プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★岡山キャンピングカーレンタルセンター(岡山CRC)が 「ランバイクレースイベント」でレンタル車両を展示!
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★日東精工「食べられるねじ」プレゼント!~6月1日「ねじの日」記念企画~
★バイク用品販売老舗のナップス、海外へ初進出 台湾最大級規模となるバイク用品専門店を6月に出店
★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す
★ハーレーダビッドソン 2017年第2四半期US市場の販売台数は昨年比9.3%減少
★エンジン音と排気音を高音質のハイレゾ※で楽しめる!懐かしの名車2台の動画を公開!!~「HONDA VF1000R」「YAMAHA VMAX」~
★9/30(土)~11/1(水) 『スーパーカブ』2巻発売記念フェア【書泉・芳林堂書店全店】
★フォルクスワーゲングループ Ducati売却を取りやめ
★BMWモトラッド 北米市場F800GT、F800Rのリフレクターに関するリコール
★スズキ 今シーズン限りでモトクロス世界選手権、 全日本モトクロス選手権から撤退
★ホンダ FIM MotoGP世界選手権で二年連続コンストラクターズタイトルを獲得
★Superprestigio2017 優勝は初出場のアメリカ人ライダーのJD・ビーチ
★ダカールラリー2018 ステージ8優勝はKTMのアントワン・メオ
★ダカールラリー2018 ステージ10優勝はKTMのマティアス・ウォークナー
★ダカールラリー2018 ステージ12がキャンセル 総合首位はKTMのマティアス・ウォークナー
★ホンダ 「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズの受注状況について
★ジョン・レノンが所有していたモンキー 約830万円で落札される
★トライアンフ NEW ボンネビル スピードマスター デビューフェア開催のご案内
★ハーレーダビッドソン試乗会 試乗車両が決定!&国際レーシングコース フルコース試乗会を開催