★ダカールラリー2018 ステージ8優勝はKTMのアントワン・メオ

リエゾン87km、SS区間は498kmという過酷なステージとなったダカールラリー2018のステージ8を征したのはKTMのアントワン・メオでした。なお、ステージ9は豪雨の為にキャンセルとなっています。

Sponsored Link


Red Bull KTM ファクトリーレーシングチームは2018年のダカールラリーのステージ8で大きな成功を収めました。アントワン・メオはステージ8で優勝し、これで過去3ステージの中で2つの勝利を収めた形となります。トビー・プライスは3位、マティアス・ウォークナーは総合順位で3位なっています。

アントワン・メオ

「今日のパフォーマンスには満足しています。最初からプッシュすることが狙いで、そこでリーダー達との差を詰めようと思っていました。今日はコンディションにも関わらず、またSS区間の距離にも関わらず良い感触でした。今日は全くミスをしませんでした。明日のステージ9がキャンセルとなったことで、火曜のアルゼンチンの砂丘のステージでは不運な位置からのスタートではありません。ステージで最初にスタートするのは常に不利なんですよ。ただ、ベストを尽くしてどの位置で完走出来るかですね。」

ダカールラリー2018 ステージ8順位

ダカールラリー2018 総合順位

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Red Bull KTM写真ギャラリー
★MotoGP2017 KTMマイク・レイトナー「今は前進あるのみ」
★KTM、Husqvarna(ハスクバーナ)のデザインを行うKISKAがインターン募集中!
★MotoGP2017 KTMヘレスGPまでは大きなアップデートはなし
★MotoGP2017 スミス「KTMの新型カウルはM1のウイングレットよりも効果を感じる」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★KTM ミゲル・オリベイラ「MotoGPマシンに乗るのは全てのライダーの夢」
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「オーストリアには出来る限り良いパッケージで挑みたい」
★MotoGP2017オーストリアGP10位 カリオ「最高のMotoGPクラスでのレースだった」
★MotoGP2017 KTM アラゴンで行ったテストに確かな手応え
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている
★ダカールラリー2018 ステージ1でKTMのサム・サンダーランドがステージ優勝
★ダカールラリー2018 ステージ2 ホンダのホアン・バレダが総合首位
★ダカールラリー2018 ステージ4のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ6優勝はKTMのアントワン・メオ
★ダカールラリー2018 ステージ6のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ7優勝はホンダのホアン・バレダ
★ダカールラリー2018 ステージ13優勝はKTMのトビー・プライス
★MotoGP2018 KTMピット・ベイラー「KTMは何度もリスクを冒して前進してきた。」
★MotoGP2018 タイテスト欠場のポル・エスパルガロ カタールテストでの復帰を目指す