★MVアグスタ ブレンボのPR16マスターシリンダーに関するリコールを発表

ブレンボのマスターシリンダーのリコールの対象ブランドの1つであったMVアグスタからリコールに関する発表がありました。リコール対象はアメリカにおいては27台のみとのことです。NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)によるリコール発表のページはこちらです。

Sponsored Link

ブレンボの大規模なマスターシリンダーのリコールをお伝えしていたが、このリコールはバイク業界に引き続き影響を与えている。MVアグスタはこのブレンボのマスターシリンダーを原因とするリコールを発表した。MVアグスタによると対象となるのは27ユニットとなり、2015年と2016年製のMVアグスタF4RR、MVアグスタF4RCが対象となる。MVアグスタは対象モデルのオーナー達に連絡を行い、ディーラーがフロントブレーキマスターシリンダーのピストンを対策品へと無料で交換する。

F4のオーナーはMVアグスタのカスタマーサービスへ連絡が可能だ。MVアグスタ内のリコールナンバーは18RC01となる(※北米での話)ブレンボのこのリコールをご存知ない方に簡単にご説明すると、このリコール対象となっているブレンボのマスターシリンダーは15mm、16mmのピストンを使用しているモデルで、ピストンはポリフェニレンスルファイド樹脂から出来ている。

製造工程のエラーにより、これらのピストンはレーストラック、ABSが頻繁に作動するなどの極限に近い使用状況においてクラックが発生する可能性がある。ブレンボは簡潔なリコール発表を行い、この発表によってどのメーカーがリコール対象となる可能性があるのかが明らかになった。また、この発表によってアフターマーケットパーツとしてのマスターシリンダーにはこのリコールは影響しないことが明らかになった。

対象となるメーカーはアプリリア、Ducati、そしてMVアグスタがこれらのリコール発表を行った。アメリカにおいては、まだリコール発表が予定されているメーカーがいくつかある。今後に注目したい。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★クライトンレーシング 一斉を風靡したロータリーエンジン搭載の「CR700P」の後継車両を製作中
★フォルクスワーゲン Ducatiの売却を検討か?
★HRC Image Galleryを公開
★アプリリア 【展示・試乗会のご案内】
★2006年のMotoGPチャンピオン ニッキー・ヘイデンが逝去
★スーパーバイク世界選手権2017 ドニントンパーク戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★Laverda(ラベルダ)博物館のバイク全81台を手に入れるチャンス
★Ducati ミサノGPに合わせてドゥカティ・ミュージアム&ファクトリーをオープン、特別な見学ツアーを開催
★BMW R1200、R1200GSのフロントフォークに関する”サービスキャンペーン”を発表
★WSBK王者カール・フォガティ DirtQuakeで転倒し肋骨などを骨折
★電動バイクの新ブランド「XEAM」を立ち上げ!第一弾製品となる電動スクーター「notte」も発表。
★全国のトライアンフファンのための祭典!2017 TRIUMPH NATIONAL RALLY
★ロレンソが2007年にチャンピオンシップ優勝した アプリリア250GPレーサーがオークションに登場
★東京モーターショーに向けて高まるMOTOBOTへの期待
★「第45回東京モーターショー2017」Hondaブース出展概要について
★バイク用品販売老舗のナップスAmazonでの「オートバイ車検」の販売を開始~ 全国19店舗 オートバイ車検はお近くのナップスで!~
★ヤマハ発動機 応募締め切り間近!ヤマハ発動機ペーパークラフト20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★MVアグスタ 2018年に新型4気筒モデル発表との噂
★No.1バイクツーリング向け道路情報地図 ツーリングマップル 2018年版発売