★MotoGP2018 ロマーノ・アルベシアーノ「2019年以降は現在の2人のライダーのうち1名は残す」

アプリリアのロマーノ・アルベシアーノは、2019年から2020年を考えた場合、マシンの開発などを考えて2人のうち1人のライダーは残すだろうと語ります。ただマルケス選手についても言及するなど、強力なライダーも欲しいという思いが見えます。

Sponsored Link

ロマーノ・アルベシアーノ

「アレイシは自分達にとっては非常に重要な存在です。彼は我々がトップに立つための最後の1つ前のステップを助けてくれています。レディングは素晴らしいポテンシャルがあり、彼がMoto2でそうだったように、その能力の高さを証明してくれるでしょう。ライダーマーケットに関しては序盤はあまり関わらないようにと考えています。2019年から2020年まで先の事を考えていきたいと思っています。ですから2人のライダーとの契約を更新しないということは考えていません。少なくとも1人は残そうと考えています。」

「アプリリアの夢としては、正直私はどちらかというとスポーツディレクターよりは技術ディレクターという形をとり、もう少し技術的な内容を考えることが出来るとよいと思っています。バイクの競争力の高さというのが全ての基本です。こうなると良いと思っている内容はありますが、今はあまりこれについて話したくありません。マルクは恐らくどんなバイクでも勝てるでしょう。ただこれは推測に過ぎませんけどね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link