★ダカールラリー2018 ステージ10優勝はKTMのマティアス・ウォークナー

ダカールラリーのステージ10は、リエゾン424 km 、SS区間373kmで争われ、総合首位であったエイドリアン・ヴァン・ベヴェレンが残り数キロの時点で転倒によりリタイア。正確なナビゲーションで走ったKTMのマティアス・ウォークナーがステージ優勝、そして大差で総合首位を獲得しています。なお、ヤマハのエイドリアンはベレンの病院で治療を受けているとのことで、今後追加情報がヤマハより発表されるとのこと。

Sponsored Link

ステージ9のキャンセルに続き、アルゼンチンでのラリー1日目となったステージ10は選手達にとってタフなステージとなった。424kmのリエゾン、373kmのSS区間はカタマルカ州の砂丘、河川敷を走るもので、その後ステージはベレンまで続いた。ライダー達にとって最も困難だったのはその暑さだけではなく、ナビゲーションの難しさだった。マティアス・ウォークナーはスタート時点では3位で首位との差は6分だった。彼は慎重な走りで正確なナビゲーションを行い、1位でステージ10を終え自らも驚く結果となった。これで彼は総合首位となり、2位との差を39分42秒という大差とした。

マティアス・ウォークナー

「凄い1日でした。本当にタフなステージで、暑さだけではなくナビゲーションが非常に難しかったですね。今日はトップとのタイム差を縮める上で重要な1日だとわかっていましたので、各ウェイポイントを正確に見つけることに注意を払いました。単純に攻めるよりも数秒でも時間をかけて正確に走る事が大事でした。迷うとそこで時間を大幅に失ってしまいますから。前を行くライダーの通った跡が消えた時はミスをしたのかと心配になりましたが、自分を信じて進みました。ウェイポイントを見つけて、最終的にゴール出来た時は本当にほっとしました。ステージ優勝は常に最高です。ただ、自分のライバルが転倒でリタイアして勝つというのは気持ちがいいものではありません。ヤマハのエイドリアンが無事であることを祈っています。明日はまたハードなステージですので、同じアプローチでミスをしないようにしたいと思います。」

ダカールラリー2018 ステージ10順位


ダカールラリー2018 総合順位

<KTM>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★KTM、Husqvarna(ハスクバーナ)のデザインを行うKISKAがインターン募集中!
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ブラッドリー・スミス「ポイント獲得にはまだ0.5秒足りない」
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★MotoGP2017 スミス「KTMの新型カウルはM1のウイングレットよりも効果を感じる」
★MotoGP2017フランスGP 予選8位ポル・エスパルガロ「フロントの感触が非常に良い」
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「カタルーニャには再舗装するよう最後通牒を送るべき」
★MotoGP2017 スミス「アッセンのレースまでに指が90%の状態になれば良い」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★KTM 2017パイクスピークで KTMを駆るフィルモアが レコードタイムを記録し 最高峰クラスで勝利
★MotoGP2017オーストリアGP10位 カリオ「最高のMotoGPクラスでのレースだった」
★MotoGP2017アラゴンGP10位 ポル・エスパルガロ「KTMでのベストレースだった」
★MotoGP2017 KTM アラゴンで行ったテストに確かな手応え
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 KTM
★KTM 2018年のダカールラリーにおいて17度目となる優勝を狙う
★ダカールラリー2018 ステージ1でKTMのサム・サンダーランドがステージ優勝
★ダカールラリー2018 ステージ3のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ5優勝はホンダのホアン・バレダ
★ダカールラリー2018 ステージ6のダイジェスト映像
★MotoGP2018 スズキ、アプリリア、KTMのサテライトチームはいつ生まれるのか?