★MotoGP2018 ロレンソ「今年Ducatiはチームとしてタイトル争いが出来る」

Ducatiのチーム発表がボローニャで行われましたが、ロレンソ選手はチームとしてタイトル争いに参加出来ると考えており、さらにこの先もDucatiにタイトルをもたらすためにDucatiで走りたいと語ります。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「自分の希望だけについて語っているわけではありません。しかしチーム全体として、自分達はチャンピオンシップ優勝が出来ると考えています。まずアンドレアが優勝を逃したものの、最終戦までタイトル争いをしましたし何度も優勝しました。つまり、チームは自分達にもチャンピオンシップ優勝が出来るんだと信じているわけです。自分も今年は本当に楽しみです。今年はDucatiにとって初めて2人のライダーがチャンピオンシップ争いを最後まで演じる事が出来る年になる可能性があります。自分もそう思っていますし、それを望み、実現に向かって進んでいることでもあります。」

「確かにどのレースでも良い結果を出せるバイクを作る必要がありますが、それをチームが成し遂げる事が出来るという自身があります。そしてそれが出来れば、後は他のバイクよりも速くなっていくということだけです。レースで勝つこと、タイトル争いをすることはハードワークをした後に起きる結果だと言えるでしょう。」

「確実なことは何もありませんが、自分はチャンピオンシップを極めて高いレベルで終えました。明らかにこれは自分が求めていたレベルではありません。自分はヤマハ時代の最高の時と同様のレベルを求めていたんです。自分はこれをDucatiでも出来ると思っています。カタールからそういった走りが出来てレースで優勝を目指したいと思います。」

「学習が止まることがないように、自分もライディングを変更し続けています。自分がヤマハにいた8年、9年の間にしてもそうです。そういった意志、もしくは好奇心があればそういったことが可能なんです。2017年は多くの変化がありました。Ducatiを最高の形でライディング出来るよう、多くを学びました。ただ、これもその学習が終わることはないんです。」

「昨年はバイクが自分のスタイルに合わせるというよりは、自分がスタイルを大きく変えました。今年は恐らく逆で、バイクが自分の望んでいる方向に進むのではないかと思っています。加速、ブレーキング、ストレートの速さだけに優れたものではなく、コーナリングに関しても優れたものになるでしょう。」

「自分は2017年に良い契約が出来ました。これはその当時の自分の市場価値が高かったからです。自分が契約を結んだ時は、自分は5度の世界タイトル保持者でした。MotoGPクラスで44勝と多くのレースで勝利し、ポールポジションも何度も獲得しました。9年間世界タイトルをかけて戦ってきたんです。ただ、自分の市場価値は直近のレースと同じというのは当たり前のことです。自分の最後のレースは転倒でしたから、自分の市場価値はそれほど高くないでしょう(笑)それに昨シーズンは良いシーズンではありませんでしたからね。ただ、この場に情熱を持っていることが出来るのは嬉しいことで、幸運にも経済的には恵まれていますからね。」

「このままDucatiで走り続けるには競争力が高い選手であることが必要です。それに自分が成し遂げようと思ったことを成し遂げるまでDucatiに残るつもりです。つまり世界タイトルを獲得するということです。もしDucatiで今後も走る事が出来るのであれば、それは大きな喜びです。まだそういった話し合いもしていないわけですから時期尚早ですが、遅かれ早かれそういった話にはなるものです。どうなるかですね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link