★MotoGP2018 ジョナス・フォルガー 2018年シーズンを完全に欠場

2018年シーズン開幕前にテック3のジョナス・フォルガー選手が2018年シーズンはジルベール症候群の治療のために、参戦しないという大きなニュースが飛び込んできました。現時点から代役としてフル参戦出来るライダーを探すのはテック3にとっても至難の技でしょうが、日本人としてはEWC参戦中の野左根選手になんとかチャンスが回ってこないものか。。などと考えてしまいますね。

Sponsored Link

2018年シーズンのテスト開始1週間前に、ジョナス・フォルガーは今年MotoGPに参戦出来ないというショッキングなニュースを発表した。モンスターテック3ヤマハのライダーは昨年はザクセンリンクでマルク・マルケスに次いで2位を獲得。しかし体調不良でもてぎを欠場。最終的にエプスタイン・バール・ウイルスが再発したと思われていた。11月にフォルガーはジルベール症候群であると診断された。(※遺伝性の肝疾患で疲労感、集中力の不足、食欲不振、腹痛、体重減少、掻痒感などの症状が出る)

当初フォルガーは1月28日から30日にかけて行われるセパンテストでの復帰が見込まれていたが、十分な回復が得られなかったことから、彼はシーズン全体を欠場して治療にあたるという大きな決断をした。

ジョナス・フォルガー

「原因がわかり、これでどのように治療を進めていけばよいのかが明確になりました。今までよりも強くなって戻ってきます。この決断は残念ですが、2018年にMotoGPには参戦しません。望んでいたほどの回復が出来ず、今の段階では100%の力でMotoGPマシンに乗れるとも思いません。関わってくれたすべての人に感謝をしたいですが、なによりもモンスターテック3ヤマハチーム、日本のヤマハファクトリー、モンスターエナジー、HJC、IXON、Formaブーツ、Rudyプロジェクトには大きな感謝をしたいと思います。いつか戻ってきたいと思いますが、サポートをしてくれる皆様には感謝したいと思います。」

エルヴェ・ポンシャラル

「昨晩ジョナスのパーソナルマネージャーのボブ・ムーアから電話をもらいました。ボブがジョナスが今シーズン参戦しないと電話で話していた内容を理解することが出来ませんでした。彼は100%だと感じることが出来ず、完全に回復するまでレースをしないという決断をしたということです。まだ彼が2018年彼がレースに参戦しないという事を完全に信じることが出来ません。彼は私が信頼を寄せる人間の一人であり、今年共にトップレベルに行けると思っていました。ただ、私は彼の決断を尊重します。ただ、もちろん完全に消化は出来ません。今のところ代役となるライダーを探そうとしていますが、非常に難しいです。スピードのあるライダーは既に契約を結んでいますからね。しかしレースにおいては先を見越して動くことが必要です。誰かを幸せに出来ればいいのですが。最終的な決定に関しては決定次第お知らせしたいと思います。」

テック3は2017年にはトップサテライトチームであった。フォルガーのチームメイトであるザルコは3度の表彰台、2度のポールポジションを獲得、最終的に年間ランキングで6位を獲得した。しかしこうした遅い段階でありながらも、フォルガーの代役となる候補の選手は沢山いる。野左根航汰、ブロック・パークス、マイケル・ファン・デル・マークはフォルガーがシーズン中に欠場している間代役を務め、2016年に関してはアレックス・ロウズが代役で走ったことがあった。

ファン・デル・マルクとロウズは今年WSBKでヤマハから参戦する。ドイツ人ライダーとしてはステファン・ブラドルがいるが、彼は今年ホンダのテストライダーとしてセパンテストに参加する。シルヴァン・ギュントーリは最高峰クラスの経験が豊富でテック3での経験もあるが、彼が現在スズキと密接に関わっている。若い才能にチャンスを与えるということであれば、ザビ・ヴィエルジュが完璧だと言える。

しかし彼は2011年のブラッドリー・スミス以来初となるMoto2表彰台をテック3にプレゼントした後、Dynavolt Intactに移籍している。テック3のルーキーとしてはBo Bendsneyderと、レミー・ガードナーがいるが、彼らはまだMoto2で学習中だ。フォルガーはMoto2で3勝しており、Moto3で1勝している。また、125ccでも1勝している。さて、誰がテック3のシートを射止めるのだろうか?

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP 優勝ビニャーレス「最大のポイントを持って帰れるように走った」
★ヤマハ 上級オフロードレーサーの最新カラーリングイメージを採用 キッズ向けファンバイク「PW50」2018年モデルを発売
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「ロッシの後を継ぐのはライダーの夢」
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★MotoGP2017チェコGP フォルガー「自分達の競争力の高さを再び証明したい」
★MotoGP2017 リン・ジャービス「ロッシと契約延長の話が出るとしたら、2018年のムジェロ辺り」
★MotoGP2017日本GP テック3ヤマハ 急遽欠場のフォルガーの代役に野左根 航汰を起用
★MotoGP2017日本GP 予選1位ザルコ「戦う準備はしっかりと出来ている」
★第45回東京モーターショー2017 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて
★MotoGP2017日本GP 8位ザルコ「レースで接触するのは普通のこと」
★ヤマハ株式会社 ヤマハ発動機の株式を800万株売却
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 モビスターヤマハ
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 Ducati
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 アプリリア
★2018年のMotoGPの見どころ(その2) 2018年のタイトル獲得最有力候補マルク・マルケス
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 イアンノーネ「天候、転倒などの影響で作業に遅れが出ている」
★グリッドガールからチームマネージャーへ ミレーナ・コーナーの場合
★MotoGP2018 タイテスト2日目 8位クラッチロー「明日がレースなら表彰台を獲得出来る」
★MotoGP2018 ロマーノ・アルベシアーノ「カタールテストで新しいフェアリングを投入する」