★ダカールラリー2018 ステージ12がキャンセル 総合首位はKTMのマティアス・ウォークナー

ダカールラリー2018のステージ12はステージコンディションが劣悪であることから、モーターサイクル、クアッドには危険が高いとしてキャンセルとなりました。これによってバイク部門の総合首位はKTMのマティアス・ウォークナーのまま変わらず。残すステージはステージ13、ステージ14の2つとなりました。KTMのダカールラリー2輪部門17連覇が見えてきたと言えそうです。

Sponsored Link

ダカールラリー2018において、ステージ12がキャンセルされたことから、マティアス・ウォークナーが総合首位、2位のライダーに対しては30分以上の差をつけている。チームメイトのトビー・プライス、アントワン・メオは、それぞれ総合で3位、5位としている。KTMファクトリーレーシングのライア・サンズは13位としている。

ダカールラリーのステージ12がキャンセルされたのは、ステージ11の終わりにライダー達から走行が危険なのではないか?との声が挙がったため。なお、同様の状況はステージ9でも発生している。これによって、モーターサイクルライダー、クアッドライダー達はFiambaláからSan Juanまでの道程のタイムは順位に影響しないこととなる。ステージはもともと車、トラックの後に続いてモーターサイクルがスタートする予定だった。

ステージが前を走行する車、トラックの影響を大きく受けることなどから危険であるとして、オーガナイザーはライダー達からのステージキャンセルの要望を受け入れた形だ。

マティアス・ウォークナー

「あと数ステージでラリーが終わりだと思うと、非常に良い気分です。明日はタフで非常に長いレースとなります。明日はコースから外れた走行が序盤に多くなりますし、後半にかけては高速セクションとなります。スタートポジションは悪くありませんから、明日は良い結果を期待しています。ベストを尽くしたいと思います。」

「昨日は車と一緒に走ったのは面白かったですね。昨日はペテランセル(ステファン・ペテランセル)に追いつこうとして、70kmくらいで彼の姿を確認出来ました。その後彼を抜いたんですが、また抜き返されて、結局ステージのほとんどを彼と一緒に走りました。ステージのナビゲーションが大変だったのでこれは約に立ちました。ミスを極限までなくしたかったので、車を追ったのは良かったですね。”ミスターダカール”と一緒に走れたのは光栄でしたよ。」

<KTM>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 KTM ヘレスGP後にビッグバンエンジンのテストを予定
★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★KTM 2017パイクスピークで KTMを駆るフィルモアが レコードタイムを記録し 最高峰クラスで勝利
★KTMによる通常のABSとコーナリングABSの解説ビデオ
★MotoGP2017 KTM アラゴン戦の結果によっては2018年にスミスとカリオの交代もあり
★MotoGP2017 KTM アラゴンで行ったテストに確かな手応え
★MotoGP2018ヘレステスト ポル・エスパルガロ「1年でここまで来れるとは思っていなかった」
★ダカールラリー2018 ステージ2のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ5優勝はホンダのホアン・バレダ
★ダカールラリー2018 ステージ7優勝はホンダのホアン・バレダ
★ダカールラリー2018 ステージ11優勝はKTMのトビー・プライス
★ダカールラリー2018 ステージ13優勝はKTMのトビー・プライス
★ダカールラリー2018 ステージ10、11のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ13のダイジェスト映像
★MotoGP2018 KTMピット・ベイラー「KTMは何度もリスクを冒して前進してきた。」
★MotoGP2018 ミカ・カリオ「旋回性は向上したが、別の部分で足りない部分がある」
★MotoGP2018 ブラッドリー・スミス「まずは良い位置でスタートすることが必要」
★MotoGP2018 Red Bull KTM 2018年のチーム体制を発表
★KTM JAPAN株式会社が大阪および東京 モーターサイクルショー2018に出展