★MotoGP2018 ピット・ベイラー「カリオがいる限り、レギュラーライダー達は安心して眠れないだろう」

KTMのピットベイラーによると、ミカ・カリオ選手を2018年もテストライダーとして起用した背景には、カリオ選手こそがKTMのMotoGPプロジェクトの進歩には不可欠な存在であるからということのようです。KTMの今年の目標はトップ6だという話が以前ありましたが、十分に可能性を感じさせるところが参戦2年目としては恐ろしいですね。

Sponsored Link

KTMのモータースポーツディレクターであるピット・ベイラーは、ミカ・カリオに、2018年もテストライダーをつとエルヴェ・ポンシャラルmるということに加えて、非常に特別なテストライダーとしての契約をオファーしたと語る。

カリオはレッドブルリンク、アラゴンで素晴らしい走行を披露。成績が低迷していたブラッドリー・スミスと入れ替わるものと、2017年の秋に囁かれていた。最終的にスミスは2018年のシートを日本戦の前に確保。スミスの成績もその後すぐに向上し、フィリップアイランドで最高成績を収めている。

KTMはそもそも2016年の時点でKTMのプロジェクトを信じて移籍をしたスミスを契約が切れる前に入れ替えるのは、現行のパドックのスピード感の中では常識となっているとは言え、間違っていると考えていた。スミスとポル・エスパルガロというトップ10でレースを終えることが出来るライダーを抱え、カリオという優れたテストライダーも控えている。

もしカリオをスミスの代わりに2018年のシートに座らせた場合、ベイラーはKTMは開発において犠牲とするものが多かっただろうと考えており、長い目で見た場合に良い結果にならなかったとしている。

ピット・ベイラー

「ミカがいる限り、レギュラーライダー達は安心して眠れませんよ。彼はいきなり彼が高いレベルにあることを証明しました。ただ、ミカは開発の主軸ですから、彼にレースをさせるのはKTMとしては良いことではありません。現時点では彼が開発に携わっていることが重要なんです。彼はその仕事に対するいわばボーナスとも言える、素晴らしいテストライダーとしての契約内容を得ました。彼よりも素晴らしいテストライダーを我々は知りません。彼なしにこのプロジェクトは今のレベルにありませんでした。彼をレースチームに入れてレースで良い結果が出せるという話では、KTMにとって長い目でメリットにはなりません。」

「ですから、KTMは見かをテストライダーとして必要とし、ワイルドカードで多くのレースに参戦させます。恐らく上限となる5、もしくは6戦に彼に出場してもらうでしょう。しかし、テストチームもミカと共にレースをする形ですから、これはKTMにとっては大切なテストになります。彼の経験があれば、KTMはさらにバイクの開発が出来るのです。」

「彼は開発プログラムにおいて大きな存在になり、素晴らしいパフォーマンスを得るために、彼がテストチームの中に必要なんです。ミカがレースに参加すればレースチームとライダー達は大きなプレッシャーを受けます。ただ、ブラッドリーに関しては2018年のシートが確定された後に、パフォーマンスが向上してきました。彼にとっては精神的なプレッシャーが大きかったんでしょう。」

「彼らがKTM移籍を決断した時というのは、それは単なる紙切れでしかなかったんです。彼らはバイクを見ることすら出来ず、強力なバイクから我々のプロジェクトを信じて乗り換えを決断したというリスクがありました。それにシーズン途中でライダーを切り捨てるというのはフェアではありません。」

「ですから彼にはバイクを適切に開発するための時間を与えたんです。スミスが今の結果よりも優れたライダーであることはわかっています。彼が彼の能力ほどに優れた結果を出せないのには理由があると思っています。それに彼にとってもどんどんとプレッシャーが高まっていた状況でしたからね。ですから、我々はライダーとの契約をしっかりと守るんだということを彼に示したわけです。それで彼の肩にのしかかっていたプレッシャーを取り払ったんです。」

「走行を終えてパドックに帰ってきて真っ先に思うのが”このチームで走る事が出来るのは、あと一体何時間だろう?いつ追い出されるんだ?”というような状況では、出る結果も出ないでしょう。ですから、私は3人のライダーが皆素晴らしい結果を出してくれていることを嬉しく思っています。ポル、ミカ、ブラッドリーの3人は、それぞれが素晴らしい仕事をしてくれています。ですからブラッドリーが来年も自分達と一緒に走ることになるんだということを確定したほうが良いだろうと思ったんですよ。」

カリオは2018年に5戦ワイルドカードで参戦する。また、12月にはヘレスにおいて革新的なパーツをテストしたとポル・エスパルガロが語っている。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★KTM 世界初となるフューエルインジェクション・2ストロークオフロードモデルを公開
★カタルーニャ・サーキット 2018年にMotoGPに向けてレイアウト変更、再舗装を実施へ
★MotoGP2018ヘレステスト最終日 確かな手応えを掴んだスズキ
★MotoGP2018 ロッシの冬季テストのヘルメット モチーフはメキシコのビーズアート
★MotoGP2018 ダニロ・ペトルッチ「2019年の目標はファクトリーチームで走ること。チャンスは手の中にある」
★MotoGP2017 モビスターヤマハからのグリーティングカード
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 アプリリア
★ダカールラリー2018 ステージ1でKTMのサム・サンダーランドがステージ優勝
★MotoGP2018 ビニャーレスの元クルーチーフ「ビニャーレスがスズキに残っていればタイトル争いが出来た」
★MotoGP2018 レプソルホンダのチームマネージャーにアルベルト・プーチが就任
★MotoGP2018 カルメロ・エスペレーター「年間22戦が理想。公道レースの可能性もあり得る」
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ALMA PRAMAC RACINGの2人が4位、5位タイムを記録
★MotoGP2018 セパンテスト2日目結果 モビスターヤマハがワンツーを飾る
★MotoGP 2019年からエアロダイナミクスフェアリングのルール見直しの方向
★MotoGP2018 トーマス・ルティ「バイクとタイヤに関して理解が進んだ」
★MotoGP2018 ダニロ・ペトルッチ「もう少し体重を落としたい。体重を増やさずにパワーをつける必要あり」
★MotoGP2018 ハフィズ・シャーリーン「初めてこの話を聞いた時は本当に驚いた」
★MotoGP2018 タイテスト初日トップはクラッチロー
★MotoGP2018 タイテスト3日目 10位ロッシ「セパンとタイで速かったのはホンダだけ」
★MotoGP2018 ロマーノ・アルベシアーノ「カタールテストで新しいフェアリングを投入する」