★ダカールラリー2018 マティアス・ウォークナーが優勝 KTMに17年連続となる2輪部門優勝をもたらす

ダカールラリー2018が終了しました。ステージ14を終えて総合優勝を果たしたのはKTMのマティアス・ウォークナー選手でした。ウォークナー選手は最終ステージは今までのリードをセーブする走りでステージを8位で終えて優勝を果たしました。これでKTMにとってはダカールラリーの2輪部門で17年連続優勝となりました。

Sponsored Link

マティアス・ウォークナーが2018年のダカールラリーで優勝した。Red Bull KTMファクトリーレーシングチームのライダーはステージ14を8位で終えた。これによって、ウォークナーはKTMに17年連続となる勝利をもたらした。トビー・プライスは最終ステージでハードにプッシュ、ステージで2位を獲得、総合で3位を獲得した。

マティアス・ウォークナーはステージ14スタートの時点で22分のリードを保ってレースを開始。120kmのSS区間を安全に走破。彼の勝利はオーストリア人ライダーの2輪部門優勝としては初となる。KTMにとっては17年連続の優勝となり、KTMはラリーは2009年に南アメリカ開催となってからは連覇を続けている。

ウォークナーは今年40回目となったダカールラリーで素晴らしいパフォーマンスを発揮。元FIMクロスカントリーラリーの世界チャンピオンはステージ1からクレバーな走りを展開。安定したスピードでナビゲーションにミスがなかった。ステージ10でウォークナーはライバルに対して30分以上の差を付けて優勝し、これで大きく流れが変わった。今日の最終ステージを8位で終え、ウォークナーはようやくリラックスして彼の優勝を祝うことが出来た。

マティアス・ウォークナー

「信じられません!この感情を言い表すのは難しいです。今年のダカールは本当に難しくて、自分のキャリアの中で最もタフなレースでした。ナビゲーションが毎日非常にトリッキーで、レース序盤はトップ選手達の差がない状態でした。自分はただ毎日ミスなく良い走りをすることを心がけていました。自分のステージ優勝の前までは本当に接近した戦いが続きました。それ以降は毎日のステージを安全にクリアすることを考え、アドバンテージを失わないようにとしていました。幸運にもこの戦略が功を奏し勝者となりましたが、本当に信じられません。チーム、そして自分をサポートしてくれた皆に感謝したいと思います。」

ダカールラリー2018 ステージ14順位

ダカールラリー2018 総合順位


<KTM>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP ポル・エスパルガロ「KTMで初めてポイントを獲得出来た」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「現時点で何かを犠牲にするのは構わない」
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「カタルーニャには再舗装するよう最後通牒を送るべき」
★MotoGP2017オランダGP ポル・エスパルガロ「非常に重要でポジティブな結果」
★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「オーストリアには出来る限り良いパッケージで挑みたい」
★KTMによる通常のABSとコーナリングABSの解説ビデオ
★MotoGP2017 KTM CEOステファン・ピエラ「MotoGPには表彰台を獲得し、優勝するために参戦している」
★MotoGP2017アラゴンGP10位 ポル・エスパルガロ「KTMでのベストレースだった」
★MotoGP2017 KTM ミカ・カリオにさらなるワイルドカード出場のチャンスを与える
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている
★MotoGP2018ヘレステスト ポル・エスパルガロ「1年でここまで来れるとは思っていなかった」
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 KTM
★ダカールラリー2018 ステージ2のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ5のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ6のダイジェスト映像
★ダカールラリー2018 ステージ10優勝はKTMのマティアス・ウォークナー
★ダカールラリー2018 ステージ12がキャンセル 総合首位はKTMのマティアス・ウォークナー
★MotoGP2018 テック3 ヤマハとのパートナーシップを2018年末で終了、次のマシンはKTMか?
★第45回東京モーターサイクルショー KTMブース