★MotoGP2018 アレックス・ロウズ「2018年はスーパーバイクに集中している。MotoGPの事は頭にない」

テック3ヤマハのジョナス・フォルガー選手の代わりに誰が参戦するのかはまだ決まっていませんが、エルヴェ・ポンシャラルは既に契約のある選手とは契約しないと語っています。とは言え、色々な噂が立つのは仕方ありませんが、ヤマハのアレックス・ロウズ選手は明確にMotoGP参戦の噂を否定しています。

Sponsored Link

Pataヤマハワールドスーパーバイクチームのライダーであるアレックス・ロウズはMCNに対して彼がジョナス・フォルガーの代わりにテック3で走るという噂を否定した。

彼は2016年に怪我をしたブラッドリー・スミスの代役として素晴らしい走りを披露。また、鈴鹿8耐での勝利などもあり、ヤマハで多くの成功を遂げている。そのため、彼がMotoGPから今シーズン参戦するのではないかという声が上がっていた。

しかし、彼は既にスーパーバイクで契約を抱えており、この選手権に対してコミットしていること、ルール変更などもあってタイトル獲得の可能性があると考えている。

アレックス・ロウズ

「2018年はヤマハからスーパーバイク世界選手権に参戦することに集中しています。この選手権のトップで戦う事をヤマハも自分に対して期待しています。MotoGPで空きシートがあるなんてことは全く頭の中にありません。自分は完全に自分のプロジェクトに集中しています。」

誰がフォルガーの空いたシートを埋めるのかはまだわからない。なお、セパンテストには元MotoGPライダーのコロンビア人であるヨニー・エルナンデスが参加するようだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link