★MotoGP2017 アプリリア「Ducatiのカウルは我々のルール解釈からはかけ離れている」

ウイングレット禁止論が出た際には、Ducatiと共に禁止反対の立場を取ったアプリリアですが、カタールで登場したDucatiの過激なカウルについては、「あんなデザインが許されるのか?」という思いで、それならばと言うことで、シーズン中にこうした過激な解釈のカウルを投入するとのこと。風洞実験をするには恐ろしくコストが掛かるとも聞きますし、曖昧なルールに左右されるメーカーとしては頭に来るのも無理はありません。シーズン中盤あたりからは、どのメーカーも過激なデザインのカウルを投入する可能性が高いと言えるでしょう。

(Photo courtesy of michelin)

アプリリアのMotoGPを率いるロマーノ・アルベシアーノは、Ducatiの過激なスタイルのカウルをカタールで目にした後、アプリリアはエアロダイナミクスアップデートを行うにあたり、再び製図板に戻る事になるだろうと語る。

Sponsored Link

ロマーノ・アルベシアーノはDucatiがカタールテストの2日目に披露した”ハンマーヘッド”フェアリングを目にして、少々あっけに取られたという。それまでは、2017年のルールの元で、ああいったデザインは到底受け入れられないものと考えていたのだ。

アプリリアの新しいフェアリングは、アレイシ・エスパルガロがフィリップアイランドで3週間前に披露していた。アルベシアーノによると、このカウルは「最も新ルールにフェアで、ルールに対してさらに厳しいもの」ということで、MotoGPマシンのデザインは、”伝統的な”バイクの形をしていることという内容に沿ったものだ。

そのためアルベシアーノは、アプリリアの開発チームはDucatiのエアロダイナミクスの解釈の流れを汲んでアップデートしたカウルを、今年の後半に投入するかもしれないとする。

ロマーノ・アルベシアーノ

「今やこうした方向に進んでも良いのだということがわかりましたし、さらに極端でもいいのかもしれません。我々はルールについて、もし英語としての表現が間違っていたら申し訳ないのですが。。最もフェアで、さらにルール、このスポーツの精神に厳格な解釈をしました。その精神とは”標準の形のフェアリング”であるということです。そしてこの”標準的な”カウルの中で、さらに、もしくはある程度のダウンフォースを得るものを作ったんです。ヤマハとホンダは部分的ですね。というのも、彼らはサイドにこうしたデバイスを付けていると言えます。」

Ducatiが作ったものは、我々のルールの解釈からはかけ離れたものでした。何が正確な解釈なのか理解するのが実に難しいですね。ルールによると、最終的なジャッジはチャンピオンシップのテクニカルディレクターだとしています。ポイントとなるのは、彼の解釈を正確に知るといることです。Ducatiのようなカウルが受け入れられるのであれば、我々もこの方向に進めますし、さらに過激でもいいかもしれません。ただ、我々は伝統的なカウルの形状に限りなく近く、ダウンフォースをその中に取り入れました。我々のカウルとDucatiのカウルを見比べれば、Ducatiのカウルがルールをさらに過激な形で解釈したものだと言えるでしょう。」

新しいルールで、メーカーは通常のカウルと、2017年の開幕戦以前に認証を受けた1種類の改訂版カウルを使用出来る。そして年間を通じて1種類のアップデートされたフェアリングが使用出来る。アルベシアーノは、アレイシ・エスパルガロはフィリップアイランドとロサイルでテストしたフェアリングの効果について、極めて満足していると語っている。そして、これはアプリリアにとって最初の改訂版カウルとなりそうだ。カタール初日に彼は次のように語っている。

「フィリップアイランドでテストしたフェアリングを再びテストします。恐らくこれをシーズン開幕におけるオプションとしてキープするでしょう。ですから、通常のカウルとこのフェアリングを使用することになるわけです。そしてトラックに違いによって使い分ける事になるでしょう。」

アプリリアは外部ウイングレットの禁止に2016年に反対したメーカーの1つであるが、彼はウイングレットの形状の制限、もしくはフェアリングのどの部分からウイングレットが突き出しているかを制限したほうが、道理にかなったものとなったと考えている。

「正直に言うと、ほとんどのウイングレットは危険な形状をしていると言われていました。尖っていて実に危ないとね。確かに危険だと言うことは出来ますが、何か別のアプローチもあったはずです。ウイングレットの形状に何かルールを設けるなどしてね。そのほうがもっと簡単なアプローチになったと思いますよ。こうした議論をしようとしたんですが誰も納得しませんでした。そして結局このおかしな状況に落ち着く羽目になったんです。確かにライダーや他のライダーを傷つける恐れのあるものは無くなりましたが、このルールのせいでよりコストが掛かるんですよ。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 Marc VDS ミラーに新エンジン/ラバトはテストに復帰
★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」
★MotoGP2017カタールGP FP1結果
★MotoGP2017 ミシュランMotoGPタイヤに関する10の事実
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「表彰台を狙えるペースだった」
★MotoGP2017 バルベラ「バイクが自分のライディングスタイルに合っていない」
★MotoGP2017アメリカGP マーヴェリックの速さの秘密は何か?
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★MotoGP2017ヘレステスト初日 マルケス「新エキゾーストは加速で良い感触」
★MotoGP2017 Aspar2018年もDucatiを使用することでDucatiと合意
★MotoGP2017カタルーニャGP ロッシ「今回は表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017ミシュラン オランダGPプレビュー
★MotoGP2017オランダGP ビニャーレス「ポールポジションを狙っていく」
★MotoGP2017ドイツGP ビニャーレス「今は前を向いて進みたい」
★Ducatiの新型V4スーパーバイク、今年秋ごろには登場か?
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★MotoGP2017チェコGP カレル・アブラハム「非常にタフで忙しい週末になる」
★MotoGP2017チェコGP FP3結果
★MotoGP2017ブルノテスト ビニャーレス「バイクから再び良いフィーリングが得られた」