★MotoGP2018 マーべリック・ビニャーレス 2020年までヤマハとの契約を延長

2018年末で契約が切れるファクトリーライダー達の中で、先陣を切って2年間の契約更新を発表したビニャーレス選手。ヤマハ、ビニャーレス選手双方は今後3年間レースにしっかりと集中出来る体制を作ってシーズン開幕を迎えます。これはヤマハの「今後3年間、ビニャーレスでタイトルを獲りにいく!」という力強いメッセージとも受け取れます。一方のロッシ選手は開幕から数戦の戦力で今後を判断するものと思われます。

Sponsored Link

ヤマハ発動機はマーべリック・ビニャーレスとヤマハファクトリーレーシングチームがさらに2年間契約を更新したことをお知らせします。このニュースは今日、マドリッドで開催された2018年のモビスターヤマハMotoGPチームのプレゼンテーションにおいて正式に公表されました。ビニャーレスはヤマハでのMotoGP初年度を3位で終えました。この中で彼は3勝、合計で7度の表彰台を獲得しています。ヤマハは23歳のビニャーレスと共に過ごす2018年、そしてその先2年間の中で、彼が強力なタイトル獲得候補になることを期待しています。

リン・ジャービス

「マーべリックと契約延長に関して合意できて嬉しく思います。彼が2018年以降2年間チームと共に戦っていくという発表は、2018年シーズンの最高のスタートの形となりました。これは両者からの完璧な形でのコミットとなり、共にMotoGP世界チャンピオンになるというゴールを達成出来ると確信しています。マーべリックはチームに加入してすぐに、必要不可欠なメンバーとなりました。彼はモチベーションに溢れ、彼のゴールをけして見失いません。2017年は厳しいシーズンでしたが、それでも彼はヤマハに3勝をもたらし、ヤマハのGP500勝を獲得しました。さらに彼は移籍後のシーズンでランキング3位を獲得しました。マーべリックはまだ非常に若いですから、彼のグランプリレースにおける将来は明るいでしょう。彼と共にこの先3年間を共にMotoGPで戦うことが楽しみです。」

マーべリック・ビニャーレス

「ヤマハと2年間契約を更新出来て本当に嬉しいです。チームとともにこのニュースを早めにお知らせすることが出来ました。これによって自分達も落ち着いて取り組むことが出来ます。これから3年間M1に乗る事が決まったわけですから、互いにレースにしっかりと集中することが出来ます。この決定には本当に満足しています。自分はチームとヤマハを信頼しています。ですから、彼らも同じように思ってくれたということを嬉しく思います。ヤマハには信頼してくれたことを感謝したいと思います。そしてファンも常に自分達をサポートしてくれました。共にハードに働いていきます。全てのレースで限界までプッシュし、これから先3年間素晴らしいシーズンを送りたいと思います。」


<モビスターヤマハ>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link