★MotoGP2018 ヨニー・エルナンデスが正式にフォルガーの代役としてセパンテストに参加

今月末から行われるセパンテストにおいて、ジョナス・フォルガーの代役としてヨニー・エルナンデス選手が走ることが正式に決まりました。なお、エルヴェ・ポンシャラルは契約があるライダーとは契約しないとしているので、ヨニーのパフォーマンス次第では彼がそのまま2018年のレギュラーライダーとなる可能性もあります。

Sponsored Link

モンスターテック3ヤマハは、ヨニー・エルナンデスがジョナス・フォルガーに代わり今週日曜から開催されるセパンテストに参加すると正式に発表した。なお、テック3は2月に開催されるブリーラムテストの前に、正式なフォルガーの代役を決定するとしている。

エルヴェ・ポンシャラル

「誰が我々のセカンドバイクにセパンで乗るかどうかを明らかにする前に、ジョナス・フォルガーが2018年に我々と共に戦えないことは本当に悲しいことです。出来る限り最高の形でこの状況を切り抜けたいと思いますが、皆が非常に厳しいだろうということを理解しています。1月20日の時点で、代役に相応しいレベルのライダー達は既に皆契約済みです。ですから、現時点でヨニー・エルナンデスが契約をを抱えていないことを嬉しく思います。」

「ヨニーにもプランがあることは理解しています。しかし Mr. Pederciniがヨニーにチャンスを与えてくれたことを嬉しく思います。ヨニーは3日間のテスト期間の中で、ヤマハ発動機、そしてテック3に対して何が出来るかを証明することが出来るでしょう。しかし、セパンテストを終えるまでは最終的な決断はしません。もちろん、ヨニーのテストにおけるパフォーマンスを分析していきますし、彼は我々の2018年の少ないリストの中にいるライダーの一人です。」

ヨニー・エルナンデス

「まずはジョナス・フォルガーがテストに参加出来ないことに関して残念に思います。彼の体調がすぐに良くなり、出来る限り早くトラックに戻ってこれるよう願っています。彼はとてつもなく速く、才能あるライダーですから。同時に再びMotoGPバイクをライディング出来るという素晴らしい機会を得ることが出来て嬉しく思います。素晴らしいチームとバイクでテスト、ライディングが出来ることを嬉しく思います。ヤマハのバイクに乗るのは本当に楽しみです。自分はずっとDucatiに乗っていましたから。モンスターヤマハテック3チーム、そしてエルヴェ・ポンシャラルに感謝したいですね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link