★ヤマハ ヨーロッパで2017年のMTツアーを開催

ヤマハはヨーロッパ市場向けに、2017年のMTシリーズを様々なアクセサリパーツ、カスタムパーツとともに体感出来るイベント「MTツアー」を開催します。海外向けには”Dark Side of Japan”という厨二病的な名前がMTシリーズのキャッチコピーとして使用されているんですが、こちらのツアーは至って健全で面白そうなツアーです。協力メーカーのカスタムパーツが最初から装着されたマシンを試乗出来るというのは面白いですね。

2017年にヤマハはヨーロッパを旅する驚くべきMTツアーと共に帰ってきます。このインタラクティブツアーは、ライダーに2017年型MT-09、MT-10SP、MT-10ツアラーエディションを含む車両を、詳細にロードテストするという機会を与えるユニークなものです。

Sponsored Link

2017年のMTツアーはノービスライダー、経験豊富な命知らず、もしくはスタントライダーなど万人向けのものです。MT-125、MT-03、MT-07、MT-07 Moto Cage、MT-09そしてMT-10は、そのどれもがライダーを”Dark Side of Japan”に連れていくためのものを持っています。2017年のハイパーネイキッドアクセサリーの他に、2017年のMTツアーは最高峰のパートナー企業に支えられています。

2017年にはまずSHARKヘルメットが加わり、10種類ものMTスタイルのヘルメットを紹介します。これらには象徴的なDRAKヘルメットも含まれ、MT-09にぴったりの一品です。SPARTANはアグレッシブなフルレイスヘルメットで、これはMT-10、MT-10SPに最適です。ラインナップにはアグレッシブなスタイルのVANCOREも含まれ、LEDライトを装備するSKWALもラインナップされます。これらがMTシリーズのライディング体験にさらなる要素を加えるのです。

また伝説的なエキゾーストブランドであるアクラポビッチも加わります。アクラポビッチからはハイパーネイキッドレンジ用のモデルが紹介され、ツアーの中ではこうしたエキゾーストを装備したモデルも用意されます。ハイパーネイキッドレンジのエキゾーストとしては、世界のレーストラックを戦う中での研究開発で磨かれた技術を持つアクラポビッチ以上の選択肢は無いでしょう。

ヤマハミュージックも同様にMTツアーに参加します。情熱と革新、パフォーマンスとともに、2017年のMTツアーにホームオーディオデバイスとプロフェッショナルサウンド・システムでBGMをお届けします。この2つのヤマハは共通の情熱を有しています。

最後はTomTomです。(※ナビ)MT-10ツアラーエディションとの素晴らしいコラボレーションの後、今回はTomTom Rider 410を展示。もちろん展示だけでなく、書くハイパーネイキッドテストバイクに装着され、MTシリーズのライディング体験がスムーズで最高のルートに沿って行われるようにサポートしてくれるのです。

あなたの暗黒面に駆り立てられたなら、www.yamaha-darkside.comをチェックするか、地元のヤマハディーラーにご来店ください。

<ヨーロッパヤマハプレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 フォルガー「スタンダードなM1の調子が良い」
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「本当に重要なのは日曜の午後だけ」
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「妙な転倒だった。さらに強い状態でヘレスを目指す」
★MotoGP2017フランスGP ザルコ「M1は表彰台を獲得出来るポテンシャルがある」
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから6時間後の順位
★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」
“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会「鈴鹿8耐 40周年」記念トークショー & 特別展示 LIVE in AOYAMA「鈴鹿8耐 決勝レース パブリックビューイング」開...
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★ヤマハ 「&Y01」が「グッドデザイン賞」「iF Design Award」に続き世界的デザイン賞「Red Dot Award」コンセプト部門初受賞
★MotoGP2017アラゴンGP5位 ロッシ「もてぎはさらに良い状態で挑めるはず」
★ヤマハ発動機 超精密ペーパークラフト「YA-1」の予告ページを更新。1955年に「第一回浅間高原レース」が行われた場所で撮影を敢行。
★MotoGP2018 2019年にKTMはザルコ獲得を狙っている
★ブレンボ 純正装着のPR16ラジアルマスターシリンダーに関する大規模リコールが発覚
★ダカールラリー2018 ステージ4優勝はヤマハのエイドリアン・ヴァン・ベヴェレン
★帰ってきたSkully 夏にも新モデルの「Fenix AR」のデリバリーを開始か?
★MotoGP2018 モビスターヤマハMotoGPチーム マドリッドにてプレゼンテーションを開催
★MotoGP2018 テック3 ヤマハとのパートナーシップを2018年末で終了、次のマシンはKTMか?