★ホンダ モーターサイクルショーでCBR250RR レースベース車両を発表

先週末は大阪モーターサイクルショーで、そして今週末は東京モーターサイクルショーで展示されるCBR250RRのレースベース車両に関する記事です。レーシングカラーもカッコいいですね。

Sponsored Link

ホンダは250ccクラスを実にシリアルに考えている。CBR250RRのデビューもそうだが、ホンダは僅か3年前にこのクラスにCBR300Rを投入している。こうした小排気量クラスは単一排気量ではなく、250ccから400ccの車両がラインナップを埋めている。そしてさらにCBR250RRの登場がその選択肢を幅広いものとしている。

欧州市場ではまだCBR250RRは登場していないが、ホンダはこの250cc2気筒バイクでのレースに向けて準備出来ているようだ。であるからして、ここのAstraホンダレーシングバージョンが大阪モーターサイクルショーで登場した。取り外し可能なバイクのヘッドライド、ライセンスプレート、ウインカー以外は、このHRCキットを装着したCBR250RRに大きな違いは見受けられない。

明らかにショットガンスタイルのエキゾーストは、よりシンプルで伝統的なものに変更されており、マシンの軽量化に役立っていることだろう。
驚きべきことに、サスペンションはShowaのノンアジャスタブルモデルが採用されている。これは真面目なレースバイクにしては奇妙なチョイスと言える。

HRCはCBR250RRからABSを取り払っており、より伝統的と言えるニッシンのブレーキを装備している。またステップは新しくなっており、これによってフットペダルの位置は数インチ高くなっている。実に美しい見た目の小さなレースバイクと言える、ホンダがこのバイクをアメリカに300ccの排気量で持ち込んでくれる事を期待しよう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★MotoGP2017カタールテスト2日目 マルケス「目標は開幕戦から優勝争いをすること」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 クラッチロー「フロントエンドに問題あり」
★ホンダ 「CBR1000RR」「CBR1000RR SP」をフルモデルチェンジし発売
★新型BMW C evolution発表
★無限 今年もマン島TT Zeroクラスに神電で参戦
★アンドレア・イアンノーネ タイのバンコクモーターショーを訪問
★ホンダ Dio110」に新色を追加し発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★Vyrus 986M2ストリートバージョン 予想価格を€37,940(※約446万円)に変更
★MotoGP2017ホンダ リヴィオ・スッポ「現状は落ち着いてパニックにならないことが重要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「今年の目標は10位以内で完走すること」
★ホンダ 新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「徐々に良いベースに近づきつつある」
★MotoGP2017アメリカGP予選9位 クラッチロー「転倒がなければ3番手だった」
★MotoGP2017アメリカGP10位 ミラー「ホルヘがミスをすることを願っていた」
★HRC Image Galleryを公開
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000F ABS 7月発売予定