★MotoGP2018 セパンテスト1日目 ロッシ「第一印象はいいが、エレクトロニクスの作業が必要。」

昨年はリアタイヤの摩耗、レインコンディションでのグリップなどに苦しんだヤマハは2016年のシャーシがベースのシャーシを投入。ロッシ選手はすぐさまに良い感触を得たようで、タイムは6番手となりました。ロッシ選手の現役続行を判断する上でも良いスタートだと言えそうです。

Sponsored Link

セパンテスト初日6位タイム バレンティーノ・ロッシ

「11月は素晴らしい仕事が出来ました。2017年シーズンに混乱したシーズンを送った後、上級をより良く理解出来ています。今日は新しいシャーシを使用しましたが、これは2016年ベースのものです。このシャーシでライディングすると良いフィーリングを感じます。ライディング自体がより自然で、バイクのフロントをより自然に感じることが出来ます。それにプッシュした際は良いフィーリングがあるんです。今日はその他に2つのエンジンを試しました。これは加速が向上しており、悪くないと思います。トップスピードに関しては極めて良いですね。リアタイヤをセーブするために、エレクトロニクスに関しての作業が必要です。ただ、第一印象はいいですよ。」

<モビスターヤマハ>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP フォルガー「ザルコがターゲット」
★ル・マン24時間耐久レース優勝 GMT94ヤマハ3選手のコメント
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今まで同様の速さを発揮出来る自信がある」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は日増しに回復している」
★MotoGP2017ドイツGP 4位ビニャーレス「ミシュランが今後も同じタイヤを持ち込んでくれることを希望」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「フロントローでのスタートが目標だった」
★MotoGP2017日本GP 9位ビニャーレス「タイトル獲得には自分の力以外の何かが必要」
★MotoGP2017 テック3 エルヴェ・ポンシャラル「ヤマハが戦闘力の高いパッケージ供給してくれると信じている」
★ヤマハ EICMAで2018年型トレーサー900/900GTを発表
★MotoGP2018 レディング「今はバイクをもっと乗りやすくしていきたい」
★MotoGP2018ヘレステスト ラバト「再びバイクで走ることを楽しめるようになった」
★MotoGP2018 リン・ジャービス「今年は技術的には非常に難しい1年だった」
★2018年のMotoGPの見どころ(その7) 優遇処置が適用されるスズキは高い戦闘力を発揮出来るのか?
★MotoGP2018 ダヴィデ・タルドッツィ「多くの物事がドヴィツィオーゾに、自分はトップライダーなんだと思わせた」
★MotoGP2018 Ducati 2018年型のデスモセディチGPを披露
★MotoGP2018 パオロ・チャバッティ「ドヴィツィオーゾとロレンソなら問題が大きくなる前に話し合って解決出来る」
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 リンス「コーナーエントリーの問題が改善している」
★ヤマハ “オフロードテイスト”と“遊び心”を強調したカラーリングを採用 原付二種スクーター「BW’S125」2018年モデルを発売 新排出ガス規制にも適合
★MotoGP2018 クラッチロー「今年のエンジンは本当に強力。タイテストの内容には満足している」