★MotoGP2017カタールGP 雨天時での開催についてはライダー達が決定

以前ウンチーニとカピロッシが、カタールの開幕戦が雨でも開催に問題はないという判断を下したというニュースがありましたが、どうやら雨が降っても絶対に開催するというわけではなく、MotoGPクラスのライダー達がウェット路面でテストを行い、レース開催に問題がないと判断した場合にのみ、レースを行うという事のようです。

(Photo courtesy of michelin)
2009年にMotoGPのカタール戦は雨のために月曜にレースが延期されたが、こうした出来事は一度きりに思えた。しかしながら、雨の中にロサイルでライディングすることはさほど珍しいことではない。というのも、Moto2クラスのライダー達は雨のせいで2日間のテストを無駄にしたのだ。

Sponsored Link

それだけでは十分ではないかのように、今週末の天気は良くなさそうだ。最近レースディレクションは、MotoGPクラスではミシュランが必要であればレインタイヤを用意する準備があることから、雨天のレースの可能性について言及している。

問題はGPが開催される夜に人口のライトが路面を光らせてしまうということだ。スポットライトは路面の水に反射する可能性があり、こうした状況の中でのライディングは危険になる可能性が高い。レースディレクションはレースが可能であるとしているが、ディレクターのマイク・ウェッブはMCNのインタビューに中間的な意見を延べている。

マイク・ウェッブ

「ウンチーニとカピロッシは完全に濡れた路面で夜間にテストを行い、レースは不可能ではないと結論付けました。これは最終的な決定ではありません。ただ、各チームには雨天でのテストの準備をしておくようにと伝えています。これはライダーからのリクエストによるもので、全てのライダーがウェットの中でテストを行い、レース開催に問題ないと判断しない限り、レースは開催しません。

Moto2とMoto3のライダー達はウェット路面でテストをする機会がないことから、これはMotoGPだけに限った話となる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス転倒の理由は新型カウル
★MotoGP2017 Red Bull KTM 2017年カラーのカウルで走行を開始
★MotoGP2017 KTM ヘレス戦で新型エンジンを投入
★MotoGP2017カタールGP カピロッシ 土曜のセッションキャンセルについて説明
★MotoGP2017カタールGP ヨハン・ザルコ「こうした転倒もレッスンの一部」
★MotoGP 2017アルゼンチンGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「カタールでは自分に落ち着けと話しかけていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「必要なものは全て揃 っている」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アレイシ・エスパルガロ「前の集団に追いつこうとしていた」
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「新しい路面の状況が気になる」
★MotoGP2017フランスGP マルケス「良い形でのスタートになった」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「雨の中でのパフォーマンスが向上している」
★MotoGP2017ロッシ 検査結果次第では今日中に退院
★MotoGP2017イタリアGP ロレンソ「ヘレス同様の競争力を発揮したい」
★MotoGP2017イタリアGP 予選7位ロレンソ「スタート次第ではトップグループで戦える」
★MotoGP2017イタリアGP 5位バウティスタ「今回は本当の意味での5位」
★MotoGP2017 カタルーニャテスト結果
★MotoGP2017 カル・クラッチロー HRCと2年契約を締結/LCRに残留
★ヤマハ発動機の独自技術『LMWテクノロジー』の実証テスト動画2017年版を公開