★カワサキからニューモデル「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」登場

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、2018年ニューモデル「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」を2018年3月1日(木)に発売いたします。
【URL】http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjah2/

Sponsored Link

【 Ninja H2 SX 】

スーパーチャージドエンジンの新たな可能性を追求したスポーツツアラーNinja H2 SX。特有の強烈な加速力と扱いやすさを両立したこのモデルは、これまでのツーリングの概念を覆す程のパフォーマンスと魅力に溢れています。パワーユニットは究極の性能と日常での用途を目的に造りこまれたバランス型スーパーチャージドエンジン。常用域となる低中速回転域ではNinja H2を凌ぐパワーを発揮する一方、優れた燃費性能をも実現しています。新設計のトレリスフレームはタンデムライディングとパニアケースの装着に対応。加えてエレクトロニッククルーズコントロールや数々の電子制御技術が長距離走行をサポートします。また、リラックス且つスポーティなライディングポジションは、ワインディングから高速走行まで幅広く対応。快適性の高いシートとともにライダーとタンデムライダーに上質な走りを提供します。さらに灯火類はヘッドライトからナンバー灯にいたるまですべてにLEDを採用。フラッグシップモデルに相応しい機能を備え、ツアラーモデルに求められる多くの条件を満たしています。


※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。

※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルはABS装着車です。2018年モデルよりABS装着車はモデル名称から“ABS”を除いて表記させていただきます。

【 Ninja H2 SX SE 】

スーパーチャージドエンジンの新たな可能性を追求したスポーツツアラーNinja H2 SX SE。上級グレードである「SE」にはフルカラーTFT液晶メーターパネルやLEDコーナリングライトなどのさらなる機能や装備を追加。所有欲を刺激する特別な1台になっています。


※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。

※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルはABS装着車です。2018年モデルよりABS装着車はモデル名称から“ABS”を除いて表記させていただきます。

■スタンダードモデル(Ninja H2 SX)からの主な変更点
・カラー&グラフィックの変更
・ツーリング・スポーツの2つのモードから表示を選択できるフルカラーTFT液晶メーターパネルの採用
・車体のバンク角に応じて順番に点灯するLEDコーナリングライトの採用
・2,500回転以上の回転域であればクラッチ操作無しでシフトアップとシフトダウンが行えるカワサキクイックシフター(KQS)の採用
・発進時に最も効率的に加速する為の電子制御システム、カワサキ・ローンチ・コントロール・モード(KLCM)の搭載※
・ホイールスポーク部切削加工及びクリア塗装の採用
・リヤホイールカップリング切削加工及びクリア塗装の採用
・ステンレスメッシュブレーキホースの装備
・DC電源ソケットの装備
・大型ウインドスクリーンの装備
・センタースタンドの装備
・プレミアムフロントシート(ロー)の装備
・プレミアムリヤシートの装備
・グリップヒーターの装備
・タンクパッドの装備
・ニーパッドの装備
・ホイールリムテープの採用
※クローズドコースでのみ使用して下さい。

【 主な特徴 】

・強力な加速と扱いやすさ、優れた燃費性能を兼ね備えたバランス型スーパーチャージドエンジン
・ブレードの形状や角度を最適化した自社開発の新形状インペラ
・エンジンの優れた熱効率により実現した軽量なエキゾーストシステム
・耐久性向上に貢献するトランスミッション用オイルジェット
・最適な混合気をエンジンに供給する電子制御スロットルバルブ
・優れた吸気効率を実現する為、内部形状を最適化したアルミ製インテークチャンバー
・スピーディなシフトチェンジを可能にするドッグリングトランスミッション
・軽い操作感とバックトルクリミッター機構を備えたアシスト&スリッパークラッチ
・剛性と柔軟性を高次元で両立した新設計の軽量トレリスフレーム
・軽量化と安定性向上の為、採用されたスイングアームマウンティングプレート
・快適性とスポーツ性能を両立した専用セッティングのフルアジャスタブルφ43mm倒立フロントフォーク
・良好な安定性を実現するKYB製フルアジャスタブルリヤモノショック
・優れたブレーキ性能とフィーリングを実現するラジアルマウントフロントブレーキ
・高速走行時の安定したパフォーマンスに貢献する専用アルミホイール
・スポーツライディングにも対応し、快適性も兼ね備えたライディングポジション
・パニアケースを装備した高速走行でも良好な安定性を発揮する為、最適に設定されたホイールベース
・足つき性の良さに貢献する幅を絞ったスリムな形状のフロントシート
・タンデムライダーの快適性を確保する幅広でフラットな形状のリヤシート
・スポーティかつ優れたウインドプロテクションを実現するフルフェアリングデザイン
・Ninja H2同様、フロントカウルに装着されたリバーマークエンブレム
・アグレッシブなスタイリングに貢献する大光量かつコンパクトなLEDヘッドライト
・液晶パネルとアナログ式タコメーターを組み合わせたスタイリッシュなインストゥルメントパネル
・様々な電子制御技術をさらに緻密にしたボッシュ製IMU(慣性計測装置)
・様々な状況において車体の挙動維持をサポートするカワサキ・トラクション・コントロール(KTRC)
・スーパースポーツ用高精度ブレーキ制御システム、カワサキ・インテリジェント・アンチロック・ブレーキ・システム(KIBS)
・エンジンブレーキの効き具合を選択出来るカワサキエンジンブレーキコントロール
・好みや条件に合わせてフル、ミドル、ローの3モードから選択可能なパワーモード
・スロットル操作なしに自動でスピードを維持するエレクトロニッククルーズコントロール
・スタイリングを損なわず、パニアケースを容易に脱着可能なクリーンマウントパニアシステム※
・イグニッションキーでパニアケースの解錠ができるワンキーシステム(別売り)
・標準装備されたETC2.0車載器キット
・タンデムライダー用フットペグのヒールガード部に装備された便利な荷掛けフック
※パニアケース装着にはパニアケース(別売り)、バッグフィッティング(別売り)が必要です。

【 アクセサリー 】

ツーリングでの快適性を高めるアクセサリーを数多くご用意しています。
*主な発売予定品 (※はNinja H2 SX SEに標準装備されています。)
・DC電源ソケット※
・大型ウインドスクリーン※
・センタースタンド※
・グリップヒーター※
・ホイールリムテープ※
・タンクパッド※
・ニーパッド※
・プレミアムフロントシート(ロー)※
・プレミアムリヤシート※
・プレミアムフロントシート(ハイ)
・フロントシート(ハイ)
・ウインドスクリーン(スモーク)
・フレームスライダー
・パニアケース
・パニアケースカバー
・パニアケースストライプ
・バッグフィッティング
・スマートバッグ
・ワンキーシステム

<株式会社カワサキモータースジャパン プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★マン島TT、TTXGPなどで活躍したTork 初の市販電動バイクとなるT6Xを発表
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★BMWモトラッド 215馬力のHP4 RACEを世界750台限定で発売
★ホンダ 「CBR250RR」の受注状況について
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
★BMWモトラッド コンセプトモデル「Concept Link」を発表
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内
★Ducati 7月7日にラグナ・セカでパニガーレRのファイナルエディションを発表?
★スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター 「シグナスX XC125SR」の新色を発売 新排出ガス規制にも適合
★Ducati新型V4スーパーバイク 9月開催のMotoGPサンマリノGPで初披露か?
★BMWモトラッド 新型BMW K 1600 Bを発表
★Ducati デスモセディチSTRADALEエンジン ギャラリー
★MV Agustaから205馬力の2018年式F4 RCが登場
★BMWモトラッド 新型BMW G 310 GSを発表
★ヤマハ スリムで優美なスクーター「MIO S」 インドネシアで発売
★ホンダ EICMAでCRF1000L Africa Twin Adventure Sports(アフリカツイン アドベンチャースポーツ)を発表
★カワサキ EICMAでニンジャH2 SXを発表
★カワサキ Ninja H2 SXの北米価格はSXで$19,000、SEバージョンで$22,000
★ヤマハ “オフロードテイスト”と“遊び心”を強調したカラーリングを採用 原付二種スクーター「BW’S125」2018年モデルを発売 新排出ガス規制にも適合