★MotoGP2018 2月に公式テスト、10月にレースが行われるチャーン・インターナショナル・サーキットとは?

来月の16日から3日間MotoGPの公式テストが開催され、実際のレースとしては第15戦が10月7日に開催される、タイのチャーン・インターナショナル・サーキットについて軽く復習しておきましょう。サーキットはタイのブリーラム県に位置する全長4554m、コーナー数は12(右コーナーが7、左コーナーが5)のサーキットです。オープンしたのは2014年9月で、設計をしたのはヘルマン・ティルケです。

特徴はメインストレートを含む4本のストレートがある点で、うち2つのストレートはかなり長いストレートとなっています。
メインストレートの後のほぼ90°の右コーナーに続いて1本目のロングストレートがあり、3コーナーのヘアピンコーナーを抜けると再びロングストレート。4コーナーからはテクニカルセクションとなり、5コーナー、6コーナーの左周りの複合コーナーの後、7コーナーを抜け、8コーナー、9コーナーで右回りの複合コーナーとなります。その後ターン11からターン12まで短いストレートの後、メインストレートに繋がっていく形となります。

11コーナーから考えると、実に4つのストレートが連続する形となっており、強力なブレーキングもそうですが、コーナーからの立ち上がり加速、そしてトップスピードがタイムを出す上では重要になりそうなトラックと言えます。サーキット自体の作りからは、Ducatiが有利になりそうなトラックであると言えるでしょう。


まだまだMotoGPファンには馴染みの無いサーキットですが、タイ自体は東京から飛行機でおよそ7時間。首都バンコクからブリーラムまでは陸路で約9時間、飛行機を使うと55分ほどの距離です。日本人には食事も合うでしょうし、セパンとともに日本からは比較的行きやすい距離にあるサーキットだと言えるでしょう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2018バレンシアテスト 1日目結果
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ザルコ「まだ2017年型の限界では走れていない」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「旋回性がもう少しアップすれば、毎週末戦える」
★MotoGP2018バレンシアテスト イアンノーネ「コーナーエントリーの改善が必要」
★2019年にポルトガルでMotoGP開催の可能性
★MotoGP2018 MotoGPにおけるフロントタイヤの大変な役割
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 モビスターヤマハ
★MotoGP2018 HRC 2人の日本人ライダーがヘレスで精力的にテストを実施
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 KTM
★MotoGP2018 ダヴィデ・タルドッツィ「ロレンソはDucatiに合わせてライディングを変えた。今度はDucatiが変わる必要がある」
★Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ「Ducatiは今、素晴らしい時代を迎えている」
★MotoGP2018 モビスターヤマハ2018年のチーム体制を発表
★MotoGP2018 トーマス・ルティ「バイクとタイヤに関して理解が進んだ」
★MotoGP2018 ミカ・カリオ「旋回性は向上したが、別の部分で足りない部分がある」
★MotoGP2018 ハフィズ・シャーリーン「初めてこの話を聞いた時は本当に驚いた」
★MotoGP2018 クラッチロー「タイは今の時点では退屈そうなトラックに思える」
★MotoGP2018 タイテスト初日トップはクラッチロー
★MotoGP2018 Ducati タイテストに2種類の新型エアロダイナミクスフェアリングを投入
★MotoGP2018 タイテスト3日目のトップタイムはペドロサ
★MotoGP2018 RC213V 2018年シーズンのスタジオ写真