★MotoGP2018 リンス、イアンノーネ インドネシアでのイベントに参加

セパンテストの後に、スズキのファクトリーライダーの2人は浜松に向かい、その直後インドネシアでのイベントに参加。帰国したとのこと。浜松ではカラオケに行ったり、スズキライダーの伝統である”さわやか”(げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか)にも寄っていたようです。

Sponsored Link

セパン・インターナショナル・サーキットにおけるIRTAテストを終えた後、チームスズキECSTARのライダー達は日本へと向かい、浜松のファクトリーを訪れました。その後2人はジャカルタへと向かい、インドネシアでの素晴らしいイベントに参加しました。イアンノーネとリンスは2月2日ジャカルタに到着。プロモーションイベント、そして国内メディアのインタビューを受けました。

アンドレア・イアンノーネ

「インドネシアは皆素晴らしい形でサポートしてくれるので、いつも訪れのが楽しみです。」

アレックス・リンス

「インドネシアは最高の国です。常に素晴らしいサポートを感じることが出来ますし、自分達にとっては最高です。」

2月3日には2人は歴史的に世界選手権が開催されてきたセントゥールを訪れました。スズキインドネシアはBorn to ride. Live to rock!と名付けた素晴らしいイベントを開催。4000人を超えるスズキのファンが参加。そこに2人のMotoGPライダーが加わりました。朝に2名のライダー達はスズキの新型GSX-R150に乗車。MotoGPレプリカカラーのバイクと共に、1000人を超える一般参加者が加わりパレードラップを行いました。

アレックス・リンス

「これだけ沢山のバイクと一緒に走るのは楽しいですね。ユニークな経験となりました。」

このGSX-R150の発表にはマネージング・ディレクターのセイジ・イタヤマ氏が加わり、さらに2輪セールス・マーケティング部門のトップであるYohan Yayahも加わり、インドネシアメディアからの質問に答えました。

イアンノーネとリンスはそれぞれの帰路につき、次回のMotoGPテストに備えます。このテストはブリーラムにおいて2月16日から18日に開催されます。

<Suzuki racing>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト チームスズキECSTAR写真ギャラリー
★MotoGP2017 ケニー・ロバーツ・ジュニア 今週末のアメリカGPでMotoGP殿堂入り
★スズキ ターボチャージャー搭載のバイクを米国特許商標庁に登録
★2017年モデル GSX-R1000R ABS 発売
★MotoGP2017ブルノテスト イアンノーネ「バイクに対するフィーリングが大きく向上した」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネとの契約破棄はない」
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 スズキ両ライダーともに胃腸炎でテストに参加できず
★MotoGP2018バレンシアテスト スミス「バイクのリアセクションに集中してテストを行った」
★MotoGP2018バレンシアテスト イアンノーネ「コーナーエントリーの改善が必要」
★MotoGP2018 バレンティーノ・ロッシ「引退したら人生が退屈になってしまいそうで怖い」
★MotoGP2018 ゆっくりと着実に進歩を続けるTeam SUZUKI ECSTAR
★MotoGP2018 トップライダーでありながら「普通の人」 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
★2019年のMoto-eワールドカップ開幕に向けて進むEnergicaの開発
★MotoGP2018 ピット・ベイラー「カリオがいる限り、レギュラーライダー達は安心して眠れないだろう」
★MotoGP2018 KTMピット・ベイラー「KTMは何度もリスクを冒して前進してきた。」
★スズキ、伝統的な外観を取り入れたネオレトロの新型「SV650X ABS」を発売
★MotoGP2018 ペドロサ「このトラックは狭く短い。ラインの選択とギアボックスのセッティングが重要になる」
★MotoGP2018 タイテスト2日目トップタイムは29秒台のマルケス
★MotoGP2018 タイテスト2日目 7位リンス「実にポジティブなテスト。フェアリングも好感触」
★MotoGP2018 ダニ・ペドロサ 2018年シーズンのスタジオ写真