★ブレンボのマスターシリンダーに関するリコール ハスクバーナにも影響

マスターシリンダー内のピストンの樹脂の問題によって大規模なリコールとなったブレンボのリコールですが、今度はハスクバーナもその影響を受けることが明らかになりました。競技専用モデルのため、対象台数は少なくなると見込まれます。

Sponsored Link

ブレンボのマスターシリンダーのリコールは各ブランドのハイパフォーマンスマシンに影響を及ぼしているが、今度はハスクバーナが対象となった。ブレンボがOEMで供給していたブランドとしてハスクバーナの名前は含まれていなかったが、ハスクバーナによるとリコール対象となったマスターシリンダーを使用していたモデルがあったようだ。それがレーストラック専用のハスクバーナFS450スーパーモトだ。

先週FS450に関するリコールがハスクバーナから発表された。しかし、現時点ではハスクバーナ北米からの発表はないし、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)からの発表もない。欧州では対象となるバイクは2016年、2017年、2018年モデルで、ハスクバーナはブレンボが発表したのと同様に、マスターシリンダーのピストンに氏ユオされている樹脂パーツの不良により、マスターシリンダーの動作不良の発生の可能性を指摘している。

今回のリコールに他のメーカーが反応している内容を考えると、ハスクバーナ北米がFS450のリコールを発表しないことは考えられない。とは言え、これはハスクバーナ北米の正式発表を待つしかない。ハスクバーナFS450は北米市場では特殊な車両ということもあり、ブレンボのリコールに関わらず、どういった手を打つか考えている段階であっても驚くことではなかろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★懐かしいあの名車の音が高音質のハイレゾで楽しめる!バイクの音を楽しむ「名車図鑑」を公開!
★ハーレーダビッドソン 2017年第一四半期の売上高は昨年比4.2%減少
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★ホンダ 世界中でスーパーカブを楽しむ人たちを写真でつなぐフォトプロジェクト「Love Cub Snap」をスタート
★スーパーバイク世界選手権2017 ドニントンパーク戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★ヘイデンファミリーからのお願い「偽サイトで偽のニッキーグッズを買わないで」
★ハーレーダビッドソン 2017年第2四半期US市場の販売台数は昨年比9.3%減少
★バイク用品販売老舗のナップス ECサイト全面リニューアルでオムニチャネル戦略を強化~リニューアル記念!
★ホンダ ハンディータイプ蓄電機「LiB-AID E500」を発売
★HRC 2017年CBR250RR Dream Cup グランドチャンピオン大会参加枠のご案内
★第45回東京モーターショー2017 ヤマハ発動機の主な出展モデルについて
★ヤマハ発動機 応募締め切り間近!ヤマハ発動機ペーパークラフト20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★スズキ 2017年型GSX-R1000のレースにおける活躍を収めた映像を公開(パート2)
★オートバイ用品専門店「ライダーズスタンド仙台泉2りんかん」2月9日(金)オープン
★ホンダ アメリカ市場でVT1300CX FURYの燃料タンクに関するリコールを発表
★トライ!!タミヤRCスクール in Hondaウエルカムプラザ青山
★ハーレーダビッドソン ブレーキ不良の恐れで北米で174,636台をリコール
★二輪車3モデル「MT-10 SP」「TMAX530 DX」「XMAX 300」 世界的デザイン賞「iFデザインアワード」5年連続受賞
★Husqvarna(ハスクバーナ) 2017年に過去最高となる36,883台の車両を販売