★MotoGP2018 ジジ・ダッリーニャ「新型フェアリングをブリーラムでテストする」

MotoGPのエアロダイナミクスのレギュレーションに関して2019年から新しくなるという話が出ていますが、これに関してジジ・ダッリーニャはレギュレーションを明確にすることに関しては賛成と語ります。なお、ブリーラムテストでは新しいフェアリングを投入するとのこと。

Sponsored Link

ジジ・ダッリーニャ

「ロレンソは昨年のブルのGPからずっと進化を続けています。既に優勝していても不思議ではありませんが、レースマネジメントが上手く行かなかったことが原因だと言えるでしょう。彼は既にそうしたスピードがあったわけであって、セパンでいきなり速くなったわけではないんです。彼も我々も共に成長してきたんです。我々は彼が必要とするものを今回全て用意出来たと思います。」

「ドヴィツィオーゾ、ペトルッチも良いタイムだったわけですが、まだ第一回目のテストです。重要なことですが、チャンピオンシップがどうなるかということに関してリトマス試験紙と言えるようなものではありません。実際のところ、セパンでスピードを発揮した選手というのは、そのスピードをシーズンを通じて発揮出来る事が多いんです。良いスタートをすることは常に重要ですが、この先の2つのテストでさらにバイクの調整を進めていくわけです。例えば新しいフェアリングを試すなど、明確な内容もあります。次回のテストではエアロダイナミクスに集中していきます。またシャーシコンポーネントもありますが、これはシミュレーション上は良い結果が出ています。色々な要素がありますので、どのような結果になるのか楽しみです。」

「コラードが語ったエアロダイナミクスに関する話は私達も賛成出来るものです。しかしこうしたエアロダイナミクス上の付加物についてことさらに指摘するということは正しいとは思っていません。それに我々のライバル達が安全性の面からこうしたエアロダイナミクスを考え直した時、ウイングが問題なのではないと言っていたのは私だけではありません。それにエアロダイナミクス上の付加物が問題というわけでもないんです。」

「必要なのはレギュレーションを明確にすることです。現時点では解釈の自由度が高すぎます。そしてテクニカル・ディレクターにかかる責任が重すぎます。そして彼が唯一こうした決定を行うわけです。何らかの技術的な内容で決定するということは大いに賛成ですね。しかしまたしてもフェアエリングのデザインを考え直すというのも避けたいものです。つまりコストが余計にかかり、時間もかかるわけです。今のままの方向性で進めていきたいですね。」

「SBKの回転数制限に関しては、現時点で既に我々はライバルよりも遅いんです。ですから恐らくライバルよりもペナルティーを受けている形なんです。失った部分を回復しようとしていますが、フィリップアイランドに新しい何かを持ち込みたいですね。シーズン中は新しいパーツに関して作業を行います。エキゾーストであるとかね。望む結果を得るべく、ライダー達に必要なものを与えたいと思います。」

「最大馬力を失ってしまったことが大きいですね。トルクもです。このレギュレーションではギアレシオの変更も厳しいです。自分は常に挑戦をして勝ちたいと思っているんですが、この状態で勝つというのが、自分がうちの技術者とライダー達に求めることです。ゴールはタイトル獲得です。難しいですが、挑戦しますよ。」

「2019年のパニガーレV4については楽観的に考えています。Ducatiが素晴らしいバイクを作りあげましたし、現代のスポーツバイクという観点で考えると、V4はまさに芸術と言えるでしょう。SBKにもフィットするバイクだと言えます。今からこのバイクを選手権で使うのが待ち遠しいですね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link