★世界耐久選手権(EWC) F.C.C. TSRホンダフランス 岡山にてテストを終了

日本では耐久レースというと鈴鹿8耐のみが注目されますが、鈴鹿8耐は世界耐久選手権(EWC)の最終戦でもあります。このEWCですが、次回のレースはフランスはル・マンで行われるル・マン24時間耐久レースです。現時点ではチャンピオンシップトップはフランスのチームであるヤマハGMT94ですが、ランキング4位のF.C.C. TSRホンダフランスが岡山でテストを行っています。

Sponsored Link

F.C.C. TSRホンダフランスはル・マン24時間耐久レースに向けて準備を進めている。この日本チームは岡山国際サーキットでのテストを終えた。チームはこのテストで2018年型のCBR1000RRのカラーリングを披露している。2017年のボルドール24時間耐久のメインプレイヤーであったF.C.C. TSRホンダフランスは激しく優勝争いを展開。しかし完走から数時間前に転倒。チームはル・マンに照準を合わせている。

2017-2018 FIM EWCのボルドール戦で6位を獲得し、フレディー・フォーレイは新たなセッティングをテスト、チームはブリヂストンタイヤを使用する。F.C.C. TSRホンダフランスのライダー達(ジョシュ・フック、フレディー・フォーレイ、アラン・ティーチャー)は、3月の頭にル・マンにあるブガッティ・サーキットで次回テストを行う。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム 今週末のル・マン24時間耐久への挑戦
★チームSRCカワサキがル・マン24時間耐久の総合ポールポジションを獲得
★MotoGP2017アメリカGP10位 ミラー「ホルヘがミスをすることを願っていた」
★ホンダ 大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP2」を発売
★ヘイデンファミリーからのお願い「偽サイトで偽のニッキーグッズを買わないで」
★MotoGP2017イタリアGP 予選6位マルケス「フロントタイヤの選択が鍵」
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「ムジェロ以前のレベルを取り戻したい」
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★鈴鹿8時間耐久ロードレース タイヤメーカーテストトップタイムはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGの津田拓也
★MotoGP2017オーストリアGP ペドロサ「ブルノで作ったセットアップから始めることが出来る」
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から18時間での順位
★MotoGP2017アラゴンGP優勝 マルケス「いくつも危ない瞬間があった」
★ニッキー・ヘイデンの死亡事故の過失割合が明らかに ドライバーには懲役5〜10年の判決の可能性
★ホンダ 「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR」の商品魅力を向上し、法規対応を施して発売
★MotoGP2017オーストラリアGP 優勝マルケス「信じられないようなレースだった」
★LEFT HAND MOTOR GARAGE ホンダ 「ドリームCB400FOURカフェカスタム」
★MotoGP2017マレーシアGP ペドロサ「良いセットアップが見つかれば戦力は高い」
★MotoGP2017マレーシアGP クラッチロー「2018年型RC213Vは2017年の改良型だといい」
★MotoGP2017バレンシアGP 優勝ペドロサ「最終戦にスペインのファンの前で優勝出来たのは本当に嬉しい」
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 レプソルホンダ