★MotoGP2018 2018年は7つのレースでレースディスタンスが短縮

2018年はMotoGP、Moto2、Moto3の全クラスでレース距離が短くなります。これは放送プログラムの関係とのことですが、今年は年間19戦、将来的には年間20戦を超えることが予想される中、選手、チームにとっては朗報と言えるのではないでしょうか。

Sponsored Link

最新のルール変更に基づき、7つのレースにおいてレースディスタンスが短縮となる。オースティン、ル・マン、バルセロナ、ブルノ、ミサノは1周、ヘレスは2周、バレンシアは3周短くなる。

Moto3クラスも同様にオースティン、スペイン、カタルーニャ、ブルノ、アラゴン、セパン、バレンシアで1周短縮となり、ル・マンにおいて2周短縮される。Moto2クラスではオースティン、ル・マン、モントメロ、ザクセンリンク、ブルノ、サンマリノ、もてぎ、セパンで1周短縮、ヘレスとバレンシアでは2周短縮される。

また、MotoGPクラスでレースの75%の距離を消化した時点で赤旗が提示された場合、レースは終了とされる。他のクラスではこの距離はレース距離の2/3とされている。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 初日の遅れを取り戻すべく作業を進めたスズキ
★MotoGP2018バレンシアテスト イアンノーネ「コーナーエントリーの改善が必要」
★MotoGP2018 ダヴィデ・タルドッツィ「改善が必要な点は把握しているし、改善出来る自信もある」
★MotoGP2018 ザビエル・シメオン「現状はバイクに慣れてタイヤに自信を感じることが先決」
★MotoGP2018 アレイシ・エスパルガロ「冬休みが終わった後に最高の体調にしておきたい」
★MotoGP2018 中上 貴晶「プロライダーになるのは、4歳の頃からの夢だった」
★MotoGP2018 マルク・マルケス「限界までプッシュするのが好き。これが自分のスタイルで、変えようとは思わない。」
★MotoGP2018 アンドレア・イアンノーネ「忍耐と集中が成功への道」
★2018年のMotoGPの見どころ(その6) 各メーカーのエアロダイナミクスフェアリングの方向性は?
★2018年のMotoGPの見どころ(その7) 優遇処置が適用されるスズキは高い戦闘力を発揮出来るのか?
★MotoGP2018 モビスターヤマハ2018年のチーム体制を発表
★MotoGP2018 ヨニー・エルナンデスが正式にフォルガーの代役としてセパンテストに参加
★MotoGP2018 セパンテスト1日目 クラッチロー「ホンダが冬休みにしてくれた作業に満足」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「ポジティブな点に集中することは、新しいトラックで役に立つ」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ペトルッチ「タイムを出すにはもう少し自信がいる」
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 リンス「プレシーズンの準備のお陰で良い状態でテスト出来ている」
★MotoGP2018 セパンテスト ロレンソ「1位でテストを終えたが、改善出来る余地がまだかなりある。」
★MotoGP2018 Alma Pramac Racing 3月12日にチーム体制を発表
★MotoGP2018 タイテスト2日目 2位ペドロサ「昨日より良いペースを維持出来た」
★MotoGP2018 タイテスト2日目 9位ドヴィツィオーゾ「新しいフェアリングとフレームをテストした」