★MotoGP2018 マルク・マルケス「タイは今日見た限りでは好きなトラックだと思う」

ホンダのスクーピーiでチャーン・インターナショナル・サーキットを周回したマルケス選手、ペドロサ選手。とりあえず下見の段階では、中盤のテクニカルセクションは好きになるかもと語るマルケス選手。今日はスーパーバイクのデータを参考にギアボックスのセッティングをチームと共に進めていたようです。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「今日はスクーターで新しいトラックを走りました。これはかなり違うバイクですから、トラックの感触を把握するのは困難です。とは言え、今日見た限りでは好きなトラックです。多くの人がここをマレーシアと比較しています。確かにここも暑いですが、湿度の感触が違いますね。ここはショートトラックで、加速が必要な2本のストレートなど高速エリアもあります。ただ、中盤はタイトでテクニカルなエリアもあって、ここは多分自分も気にいるポイントだと思います。ただ、明日実際にどうなるかですね。今日重要だったのはチームと共に良い仕事が出来たということで、自分達が持っているワールドスーパーバイクのデータなどを分析して、明日良いベースでスタートするための準備をしました。特にギアボックスのセッティングを行いましたが、これはギアボックスのセッティングを外してしまった状態だと修正にかなり時間がかかるからなんですよ。とにかく明日自分バイクに乗るのが楽しみです。」

<レプソルホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link