★MotoGP2018 タイテスト3日目 10位ロッシ「セパンとタイで速かったのはホンダだけ」

ソフト側のタイヤを履くとタイヤの温度が高くなりすぎてしまう。しかし、ハード側のタイヤではタイムが出ないという問題が解決出来ないままにタイテストを終えたモビスターヤマハですが、対象的にテック3のザルコ選手は2017年型のM1で絶好調です。コンパウンドに関わらずコンスタントなペースが刻める状態にならないとレースでは勝てないわけですが、カタールまでに問題を解決出来るのでしょうか。

Sponsored Link

タイテスト3日目10位 バレンティーノ・ロッシ

「常にリアタイヤの問題に悩まされています。ソフト側のタイヤを履けば速く走れるわけでもなく、タイヤの温度が高くなりすぎてしまうんです。オーストリアで使用したようなハード側のタイヤだとレースの終わりまでしっかりと走る事が出来ますが、タイムは出ないんです。ハードに作業する必要がありますが、全てはリアタイヤに関連しているんです。」

「シャーシ、エレクトロニクス他色々な事について話している状態です。しかし、これは全てタイヤに関連しているんです。時にタイヤを変えると全てのフィーリングが変わってしまうことがあるんです。昨年と良く似ているんですが、こういう状態だとバイクの開発が非常に難しいんです。問題があっても2時間後には問題が解決してしまうという事もあり得るんですよ。」

「昨年と比較してあまり開発は進んでいません。特にエレクトロニクスが問題です。多くの作業が必要ですし、現時点で言えば苦戦していると言えます。カタールで良くなるかもしれませんが。日本人エンジニアとは良く話し合って、全てのフィードバックを伝えています。問題は極めて明確になり得ると思いますね。しかし簡単なタスクではありません。カタールでは自分達のポテンシャルをしっかりと理解する必要があるでしょう。ただ、そこで何か新しい内容があるとは思えません。将来については良く考える必要があります。」

「今日はここで多くの選手が速かったですね。集中して最大限の成果を出す必要があります。マレーシアの後では良い感触だったので嬉しかったんです。ペースも良かったですし。ただ、ここは本当に苦戦しています。自分が考えるに、両トラックで競争力が高かったのはホンダだけですね。特にマルケスですが、ダニとクラッチローも速かったと言えます。Ducatiはセパンでは敵なしでした。ロレンソが速くてね。ただ、ここでは苦戦しているようです。カタールでどういった状況になるかを待つ必要があります。」


「使っていたシャーシは2016年と同じものではありませんが、バイクは2016年に近いものですね。コーナーにより高速に進入出来ますし、フロントのフィーリングが良いですね。ただ、作業は継続して必要です。特に加速面での作業が必要でしょう。開発が自分寄りになっているということはありません。マーベリックが何か使いたいものがあれば、彼はそれを手に入れる事が出来ます。昨年もそういう形でしたしね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link